ワーキングマザー妻がイライラしなくなった!3つの理由。

      2017/04/04

ワーキングマザーの皆さん、いつもお疲れ様です!
初めての子でイライラドッカーンな毎日、大変ですよね。

 

せっかく職場復帰しても、
バタバタと仕事と育児に追われるだけ。
自分って一体なんなんだろう…。
そんなつらい想いを抱えていないでしょうか。

 

今日は妻の経験から、
そのような想いに応えるブログをお届けします。

 

かつての妻も、そんな感じでした。
もともと気の強い女性ですがいつもイライラしていて、
僕もどうしてよいのか困った時もありました。

 

しかし、
最近の妻は変わりました。
もちろんイライラしたりはするけど、徐々に怒りをコントロールできてきているように見えます。

 

 

なんでそんなに変わったの?
最近楽しそうだね。
と不思議に思って聞いてみました。

 

どうも、
4人の子持ちママ友子育ての心構え的な話
じっくり相談に乗ってもらったみたいで、
そのママ友の考え方がずいぶん腹に落ちた様子。

 

妻に許可を取って、
その話をまとめてみましたので
ぜひご一読ください。

 

↓ちょっと前に妻が車で聞いていて、
誰コレ?って聞いたら、
以前にナイナイアンサーで心理カウンセラーとして出てた、
心屋仁之助さんでした。歌も歌ってらっしゃるんですね。
歌詞が良かったので、ちょいちょいこの記事の中で紹介します。

家はモデルルームみたいに片付いて
手作り料理がいっぱいで
子供にやさしく怒鳴ったりしないで
そんなママになりたかった
そんなママじゃないとダメだと思っていた
※心屋仁之助さん「ママの歌」より

 

 

 

1:赤ちゃんは、言う事を全く聞かないのが当たり前

「4人も大きくしたけど、
自分の思い通りになった子なんて一人もおらんわ!」
と、その先輩ママに豪快に言われました。

 

妻とは、
「そうだね、確かに俺たちは、ぷー(息子のあだ名)に
言う事聞かせようと躍起になってるよなー
そんな話をしました。

 

絶対に言う事を聞かないのが当たり前
と思えた事が、
妻にとってめちゃくちゃ救いになったようですね。

 

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、
なかなか初めての子だと、
そこまで割り切って考えられなかったみたいなのです。

 

 

そして、さらに先輩ママからは、

「でもあの子ら、大人のやる事は見ているからな。
そして真似しよるからな。言う事は聞かへんけど、
真似はしっかりしよるからな
そんな風にアドバイスをもらったそうです。

 

「だから、
あなたがその子にどう育って欲しいかを
その子に対して行動してみせるの。
いくら口で言ってもあかんで。

 

つまり、
素直になって欲しかったら、
素直になりなさい!と言うのでは無く、

 

お母さんから子どもに対して
素直になる。

 

 

おおーーなるほど。
その話を聞いた僕も、
さすが先輩ママやなぁ、と思わず納得。

 

 

この考え方は、妻が息子に対して、
どの様に接すればよいかハッキリした
ようで、心がかなり整理されたとの事です。

 

 

ワーキングマザーな妻は、
育児と仕事を両立しようと、
今まで子どもに言うことを聞かせることに躍起
なってたみたいで、だからイライラしていたのですね。
その気持ちがスッキリしたようです。

 

 

 

 

2:自分を責めなくていい。完璧にしなくていい。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

「誰が育ててるねん。あんたやろ?」

 

こんな事も言われたそうです。
ワーキングマザーって、
子どもが熱出したりすると早退しないといけないから、
周りにも気を使います。

必死で働いて帰って来ても、
ご飯を作らないといけない。
子どもと触れ合える時間も少ない。

 

あと、旦那は気が効かない(本当に申し訳ないです)。

 

初めての子だからか、
妻は、必死で手の込んだご飯を作ろうとしたり、
家事に育児に完璧にこなそうとしていました。

 

結果、めっちゃ自分を責めてました。
ムキー!なんで上手くいかんねん!!
イライラするー!ってなってました。

 

 

夫の僕が
「そんなに頑張らなくてもいいよ」

と言っても、そりゃ聞きません。
まさに余計な一言になるだけです。

 

 

でも、先輩ママからの
「あんたが育ててるんやろ?
あんたがつぶれたらどうするねん。
私なんて、超手抜きやで

との一言が、心に沁みたらしく、
ちょっと目もうるんだそうです。

 

 

先輩ママは、
ガンガン親に頼るし、
ガンガンおそうざい買うし、
ガンガン旦那に八つ当たりするそうです。

 

各ご家庭によって「手抜きポイント」は
違うと思いますが、

 

妻は大分これで気が楽になったみたいなので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

うちはおそうざいが増えて、
おばあちゃんが良く家に来るようになりました。
八つ当たりはされてないかな。(笑)
いや、されてるな。(笑)

 

だれかの力を借りていいよ
甘えていいよ
目立っていいよ
バカみたいに騒いでいいよ
夜中まで飲んでいいよ
洗濯物たまっていいよ
※心屋仁之助さん「ママの歌」より

 

スポンサーリンク

 

3:お母さんが幸せになる事が子どもの幸せ

5d0e0d69e4796d5e3f34e047d2d21b19_s

「いくらあんたが子どもの事怒っても、
子どもはあんたの事めっちゃ好きなんやで」

 

つい子どもをキツく叱ってしまう事もあると思います。
ちゃんとした理由があるならまだしも、
つい感情に任せて叱ってしまう事も多々あるのでは。

 

でも、どんなに強く叱っても、
次の瞬間には「ママ〜♡」と抱きついてきませんか?

 

どんな事があっても、
子はママの事が好き

そして、
ママの幸せを願っている
のです。

 

 

先輩ママは
「もう少し大きくなれば分かるで。
私たち母親が不幸そうな顔してたらな、
あの子ら、自分のせいだ!って自分の事責めよるからな。」
と言います。

 

1人目の時は自分も必死で分からなかったけど、
2人目の時に気づいて愕然としたそうです。
この子達は、ママの幸せを願っている…。
小さな体で、ママをなんとかして笑顔にできないか、
一生懸命頑張っている…。

 

なんと…。
あんなに小さい子ども達に、
そんな想いが秘められていたなんて…。
なんて健気な…。

 

子どもが元気に育つには、
もちろん子どもに愛情を注ぐのが大事ですが、
ママも幸せになることが大事なんですね。

 

 

 

それまで妻は、
「この子のために、わたしはなんでも我慢しないといけない!」
みたいな『犠牲的精神』が強かったそうなのです。

しかし、自分は幸せになっていい
と思えたようで、

 

この話を聞いてからと言うものの、
少しずつ自分のことを大切にしているそうです。

 

 

夫立てなくていいよ 片づけられなくていいよ 
がんばらなくていいよ たまには怒鳴っていいよ
不機嫌でいいよ うっかりものでいいよ
躾もできなくていいよ だって無理だもん
※心屋仁之助さん「ママの歌」より

 

 

まとめ

今回は妻の経験を基に書きました。
妻のように元気になってくれたら、
妻も喜びます。

 

ワーキングマザーとしてイライラと付き合うために

・子どもはそもそも言うことを聞かない生き物と捉えよう

・自分を責めずにたまには手抜きをしよう

・子どもが幸せになるために、自分が幸せになろう

 

子どもの笑顔って、
本当に癒されますね!

 

こんな記事も役に立ちます!
【意外】ワーキングマザーのタイムスケジュール。9時間寝れてる!?
ワーキングマザーが、退職を決意する前にできる4つのこと。
【納得】現役ワーキングマザーの妻が教える通勤バッグの選び方
ワーキングマザーの時短掃除テク!ウチはこうしてます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - お仕事, 子育て