旦那が自己中な場合の3つの処方箋

      2016/12/19

旦那が自己中過ぎ!
家事は全然手伝わないし、週末は一人でどこかに行ってしまうし、
理由をつけて毎日帰りは遅い。たまに家にいると思いきや、
携帯ピコピコしている…。
風邪をひいた私を放って遊びに行ってしまった。

 

「ムキーー!!」
「私は何?ただの家政婦??あなたのお母さん?」
そんな風に思い悩んではいないでしょうか。

 

 

そして、

「少しは私の言う事聞くように変わって欲しい…」
そんな風に願っていないでしょうか?

もし、まだ相手の事が好きで、
関係を良くする事を望むなら、
そして相手もあなたに対して愛情が残っているように見えるなら、
ちょっとだけ読んでみてください。

 

 

男性ならではの目線で
「こうしてくれたらもっと言う事聞くのにな」
と言ういくつかの処方箋をご用意しました。

「俺たち目線です」

勝手に「たち」とか言ってしまってますが、
まぁそこは生暖かい目で見てあげてくださいな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

処方箋1:相手を変えようとしない

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

いきなり期待に応えなさそうな処方箋ですが、
たぶん気のせいです。

 

 

ところで、こんな風に思ったり言ったりしていませんか?

 

どう考えても相手が悪い。
相手の態度や考え方が改められると、
きっと何もかもうまくいくはずなのに…。

 

「ちょっと、もっと手伝って」
「たまには早く帰ってきたら?」
「日曜までパチンコって父親としてどうよ?」

 

妻がいくら相手を変えようと頑張ってもあんまり僕たちには響きません。
(って勝手に男代表みたいな言い方してるんですが、いいのでしょうか?いいよね?)

 

相手を変えようとすると、
相手は超拒絶します。
どんなに子どもっぽくあなたには見えたとしても、
夫には夫の言い分があるんですよね。
と言うか、誰かに自分のことを変えようとされて気分がいい人なんていないはず。

 

 

相手を変えようとすると、
どんなにあなたの言い分が正しくても、
相手は責められたと感じ、
その言い分を奥底に隠してしまいます。

「いや…今から手伝おうと…。
もう知らん!ふん!!」

 

 

そうなると、
旦那さんの本音が全く見えなくなるし、
もしかしたら旦那さん自身も気づかないくらい本音を奥底に隠すかもしれません。

 

 

夫からしたら、本音をずっと奥底に隠したまま、
相手に責められ続けるっていう状態。

 

 

まあ正直…


「ぜってーーおまえの言う事聞かねぇバーカバーカ」
ってなりますね。

 

 

旦那さんの自己中な性格を変える1つめの処方箋は、
矛盾してますが、
旦那さんを変えようとしない事です。
って言うかそもそも人なんて絶対変えることはできない。

 

 

 

試しに、何も言ってみない事です。
どうせ何か言っても言う事は聞いてくれないのだから、
損はしないはずです。

 

 

何か言っても、
帰ってこないし、遊びに行くし、手伝わないし、浮気してるかもしれないし、給料家にいれないし、そんな感じであるなら…
試しに何も言わないでおいたらいかがでしょうか?

 

 

「ひゃっほーーー!行ってきまーーーす!」
ってなるかもしれないですけど…

いつもとは違うあなたの雰囲気に、
もしかしたら旦那さんは勝手に変わるかもしれません。

 

 

 

 

 

処方箋2:旦那さんを尊重する

TAKEBE160224000I9A0460_TP_V

なんで、こんなワガママな男の事を、
これ以上尊重しないといけないの?
十分尊重しているし!と思うかもしれません。

男はプライドの生き物、
とか良く言いますよね。

 

 

男はちっぽけなプライドを持っています。
カッコ良いって言われたい。
スゴイって言われたい。
さすがって言われたい。

「あー素敵無敵男子とか言われてー」

 

 

 

とにかく大好きな嫁さんに褒められたい、
ちっぽけな生き物です。

 

 

でも、あなたの口から出てくる言葉は、


「ほんっと自己中だね」
「なんでそんな事するの?」
「わたしはこんなに大変なの!」
「てめーがたまには家事やれよ!」

 

 

 

これでは、
ガラスのハートな男性の心は傷つきます。
固く心を閉ざしてしまいます。

て言うか、
一時期家帰りたくなかったです、僕。(笑)

「こんなこと言われまくってると、
素直になりたいのになれない!」

 

 

強そうに見える旦那さんの中身は、
大したことありません。
女性の方がよっぽど器が大きい。(と思う)

 

 

男はちっぽけ(と思う)なので、


「お仕事がんばってね」
「さすが!やっぱり仕事で結果出せる旦那で嬉しい」
「遅くなって体壊さないようにね」

 

 

とか女性からしたら歯の浮くようなセリフを言われるだけで、
1日ご機嫌でいられるアホな生き物です。

「今日はシュークリームでも買って帰ってやるかな♪」

 

 

 

ちょっと極端なたとえ話として、
ご主人が浮気をしようと、
「今日仕事で遅くなる」と嘘を言って出かけたとしましょう。
それをあなたがどこか察していたとしても、


「毎日頑張ってお疲れ様」
と言ってみます。

 

 

そうすると、
旦那さんの頭の中は、
奥さんのことがチラチラよぎるようになります。

 

 

でも反対に、


「あっそ。どこで何やってんだか」
とか応戦的に言ってしまうと、

 

 

「もーあんなやつ知らん!」

 

と、ガラスのハート&自己中な旦那さんは、
間違った方向にアクセルを強く踏んでしまいます。
自分が勝手なことしてるのに、ねぇ。アホだよねぇ。

 

 

これも、
どうせキツく言っても変わらないのだから、
言い方変えてみて損は無いはず。

 

もしかしたら、
相手もあなたの思いやりに呼応して、
変わるかもしれません。

僕の友人の家は、奥さんがこの辺を心得ているようでうまくいっています。
したたかと言えばしたたかだけど上手な奥さんがちょっと羨ましかったりもします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

処方箋3:自分を楽しむ

PAKU151219070I9A0922_TP_V

そして3つ目の処方箋は、
「自分を楽しむ」と言うことです。

 

旦那さんも自分自身を楽しんでいます。
勝手なことをしています。

 

相手を変えようとせず受け入れるように努力し、
相手のちっぽけなハートを尊重し、

これだけでも、
あなたは十分に人として立派なことをしているはず。

 

そしたら、
「相手軸」でものを考えるのを止めて、
「自分軸」で自分の人生を楽しむ。
そうしても良いのではありませんか?

 

相手に対して一喜一憂していると、
イライラします。

 

夫に対して、
一人の人間として誠実に対応したのなら、
あとは自分の人生を楽しむだけ!

 

 

今までの、
相手を変えようとして旦那さんに怒っているあなたの態度は、
実は旦那さんは無意識に嬉しい。

 

あなたの心の軸が旦那さん側にあります。
旦那さんの機嫌、旦那さんの都合、旦那さんの考え方にいちいち振り回されます。
そんな状態に旦那さんはすっかり慣れています。
だからますます図に乗ります。殿様っすわ。

 

 

その軸が、
旦那さん側から奥さん側に戻って、
奥さんが妙に活き活きしだすと、
旦那さんは内心焦ります。

 

 

暴力を振るったり浮気しちゃうような男性は、
こんな風に奥さんが自分の人生を楽しむことをなんだか許せません。
なぜなら、自分が尊重されていないと過剰に思ってしまうからです。
自分は好き勝手やるのに、相手の自由は認めない。

 

 

あなたに依存していた旦那さんは、
妻の態度がいきなり変わったのを目の当たりにして、
内心ドッキリするかもしれません。

「女子会行ってくるし。
てか今日帰ってこんし」

 

「へ?お、おおぅ…。
(あれ?なんか今までとちゃう)」

 

「なに?なんか文句あんの?」

 

「お、おおう…
(あれ?俺なんか悪いことした?)」

 

 

 

 

まとめ

少し前にテレビによく出てた心屋仁之助さんが、
「迷ったり行き詰まったら真逆をやれ!!」的なことをよく言ってらっしゃいます。

 

今までって、一生懸命夫婦の問題を解決しようとしたりしていたんじゃないかーと思うのですが…。
それも奥さんだけが悩む感じで…。
つまり、真面目で一生懸命な「良い嫁さん」だったんじゃないかなーと思うのですが…。
これを妻にされると、調子に乗る男って確かに存在するんですよねぇ…。

 

 

今日は男性として「こうしてくれたらもうちょっと言うこと聞くんだけどねぇ」的な内容を書きましたが、
もしかしたら、今までやってきたことと真逆のことだったかもしれません。

①相手を変えようとしない
②旦那さんを尊重する
③自分を楽しむ

 

とは言え、ちょっとでも参考になったのなら嬉しい限りです。

 

 

 

 

【こんな記事も役に立ちます!】
 
 

 

スポンサーリンク

 

 - コミュニケーション