熱中症対策には帽子がイイ!どんな種類がベスト?形や色は?

      2016/08/31

大人も気になるけど、やはり暑い日差しで子どもの熱中症が心配です。
夏が過ぎても今度は体育祭シーズンがやってきて、
やっぱり熱中症が心配。

今日はそんな熱中症予防に最適な帽子を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なぜ子どもには帽子が必要なのか

pic159

もちろん大人だって、
帽子を被ると予防になるのですが、
気をつけたいのは子供。

 

日差しの強い日や、
長時間日の当たるところにいる場合、
できたら子どもほどちゃんと
帽子を被った方がいいと言えます。

 

子ども、特に乳幼児は、
熱中症になりやすいと言われています。
なので小さい子を持つお母さんなどは、
特に気をつけた方が良いと言えるでしょう。

 

以下に、
子どもこそちゃんと熱中症予防に、
帽子をかぶった方が良い理由を書きました。

 

 

子どもが熱中症になりやすい理由

通常人間は暑いところにいると、
汗をかくことによって体温を逃そうとします。

そのことで、
体温は37℃以下に保てるわけです。

 

しかし子どもは、
まだ体温の調整機能が大人に比べて出来上がっていません。
また体の大きさと比較して体の表面の面積が多いので、
たくさん熱を吸収しすぎちゃうと言う特徴もあります。

 

 

最近の子は熱中症になりやすい

汗は能動汗腺と言うところからかきます。
これは大体2歳ごろまでに発達する体の機能なのですが、
暑いところにいれば、汗腺も多くなるし
寒いところで生活した人は、汗腺が少なく発達します。

なんで最近熱中症のニュースが多くなったか、
不思議ではなかったですか?

 

最近の子どもは、
小さい頃からクーラーばっちりある部屋で過ごしているので、
この能動汗腺が発達していないので、

めっちゃ暑いところにいても汗をかきません。
そして体にこもった熱が、
熱中症を引き起こすのだそうです。

 

やっぱり昔の子に比べて、
弱くなったと言えます。

 

 

こうなってからでは遅い。熱中症の症状。

 

・意識がはっきりしていない
・自分で水分を摂ることができない
・涼しいところに移動したりしても
症状がいっこうによくならない

・体温が高い
・呼びかけても反応がにぶい
・ふらつく
・言動がおかしい

 

このような状態になってしまったら、
最悪死の危険性があります。

 

子どもほど急に症状が現れる
と言うことも特徴の一つです。

 

 

熱中症発症の時期のピークは?

熱中症の発症のピークは、7月〜8月。
梅雨明けの急に気温が上がる日や猛暑日は特に注意が必要です。
さらに温度だけでなく、湿度も重要。
湿度が10%上がるだけで体感温度も約1.3℃上昇するのだとか。
蒸し暑い日はより注意が必要です。

 

そして、夏が終わった
8月中〜9月にかけても実は注意が必要。
毎年運動会シーズンになると、
熱中症での生徒や児童が搬送されるニュースが駆け巡ります。

 

昔より熱中症になりやすくなっている現代っ子。
いざなってしまうと大変なので、
用心に越したことは無いのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

子どもは
熱中症になりやすく、
症状も出やすいと言えます。

 

これからの時期、
大人ももちろん対策が必要ですが、
大人以上にしっかりとした対策を親が行ってあげないといけません。

 

今日はそんな熱中症を予防する
効果的な予防法の一つとして

効果的な子どもの熱中症予防なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こんな帽子が熱中症予防に役立つ

pic160-1

帽子を熱中症対策で使う場合、
ちゃんと予防効果のある帽子である必要があります。

 

熱中症予防の帽子の条件

では、どんな帽子がいいのでしょうか?
以下に熱中症予防に効果的な
帽子の条件をご紹介します。

 

①風通しのよい素材
→メッシュ素材などが良い、
 窮屈なのはダメ

※あんまりきつすぎる帽子も、
熱がこもることになり、
余計熱くなってしまいます。

麻素材や綿素材、
そして麦わら帽子が良いでしょう。

 

生地厚手のベースボールキャップは
控えた方が良いでしょう。

最近は夏でもニットキャップな
オシャンティーな人を見かけますが、
熱中症対策と言う意味では、
良くないですね。

 

 

②顔に影を作ってくれる形をしている
→大きなツバ付きデザイン

※大きなツバつきデザインは、
顔だけでなく、首・肩に影を作ります。

 

猛暑日の日なたと日影の温度差ってご存知ですか?
なんと−5℃も違うのです!!

つまり自分で日影をつくる感じですね。
従って、できるだけ大きく影が作れる
デザインがいいですね。

 

 

③熱を反射してくれる色
→黒より白など明るい色を

※帽子は頭に当たる日光を遮断する効果があり、
熱を反射するから効果的です。
でも黒色だと、髪の色と同じで、
熱を吸収してしまいます。

 

 

 

麦わら帽子が一番!実際、買ってみた

上記のを見えていると…

通気性良くて、
ツバ大きくて広くて、
明るい色で、

 

って…

 

麦わら帽子!

 

麦わら帽子って言うと、
どうしても田舎の農家のアレをイメージをしがち。
機能的だけど、街で使うのはどうかと…。

 

でも、よく考えたら、
こんなのもアリですよね?

pic156

はい、西松屋で¥479なり。
セール品になってました。
いい感じに明るい色。
通気性も抜群。

 

そして、
安っ。¥479て…

 

 

pic157

↑息子に装着
うむ、いい感じだ。
週末のお出かけが楽しみだ。

 

 

最初かぶせた時は嫌がって、
「これイヤよー、かぶらないよー」
って拒否してた息子くん。

 

「うわー超似合う!」
「やべぇ!かわいい!」
「すっげー!さいこー!」

と褒めまくってたら、
まんざらじゃない表情になり、
終いには、

 

「これ、僕のよー!!」
と帽子を独占し出しました。

 

2歳児もおだてればええのか…。
勉強になりました…。

 

 

 

赤白帽は熱中症予防に良いのか

体育の授業や体育祭などで使われる赤白帽。

 

綿素材で、
薄手。ツバもそれなりに大きいので、
決して悪くは無いかと思います。

しかし、
より熱中症対策を意識するなら、
もっとスゴそうなのが売られています。

 

メッシュ生地であったり、
遮熱性の強い素材を使っていたり、
熱中症に対する消費者の要望の高さが伺えます。

 

 

中にはこんなのも↓
下手くそなイラストで説明します。

pic158

これ、なんかスゴそうです。
ネットでぜひ検索してみてください!

 

 

 

 

まとめ

昔より熱中症が増えているのは、
間違いない事実。

大切な体を守るために、
ちゃんとした帽子選びをしましょう。

 

帽子は熱中症予防としては
あくまで一つの方法。

 

ちゃんと水分やナトリウムを摂ったり、
着る衣服の素材に注意したり、
他にもいろいろ気をつけるべきことはあります。

熱中症予防に効く飲み物!!イオン飲料と、ぎゅ…牛乳?う…梅干し?

健康な毎日が過ごせるように、
気をつけて過ごしましょう。

 

【こんな記事も役に立ちます!】 

網戸から虫が入ってくる!なぜだ!!を解決する5つの方法
【注意】赤ちゃんのプール熱は、発熱や目ヤニで見分けられる!?
赤ちゃんに、蚊取り線香は大丈夫なのかとスゴく気になったら…
実録!ワーキングマザー、フルタイムに挑戦。その理由と工夫した事とは…

 

 

スポンサーリンク

 

 - ヘルスケア ,