驚き!捨てるものを探すコツって?どんどん捨ててスッキリしよう!

      2017/02/25

捨てるものがなかなか決まらなくって、ものが増えるばかり…。
なくし物が増えたり、イライラしたりしていませんか?

 

 

簡単に身の回りがスッキリできたら嬉しくないですか?
今回は、簡単に捨てるものを探すコツをまとめました。

 

 

妻も僕も微妙に「捨てられない人」でした。
でも、結婚してしばらくたって、
あんまり物ばっかり増えることが嫌になったので、
二人で思い立って色々捨てる事にしました。

 

今では友人を家に招くと
「サッパリした部屋やな〜」と言われます。(笑)

 

 

では、ご参考ください!

 

 

 

考えずに捨てるは難しい?

DI_IMG_5697_TP_V

できそうで、できないのが、この考えずに捨てる行為。

 

だって、現代社会を生きていると、
常に考える事を求められますからね。

 

いつの間にか頭でっかちになっちゃって、
自分の心の声を忘れてしまっているから考えずに捨てるのが怖いのです。

 

ものを考えずに捨てるとは、
心の声に耳を傾ける、自分らしさを取り戻す
心のトレーニングでもあります。

 

 

自分の心に本当にときめくものを残そうと、
最近盛んに叫ばれていますよね。

 

手にするものを見つめて

・ときめくか、ときめかないか

・好きか、嫌いか

究極は、たったこれだけなんです。
フィーリングで捨てるものを探す。
これが最大のコツです。

 

 

え?それができないから困っている?

 

 

では、考えずに捨てる時に決断をサポートしてくれる、
「捨てる時のルール」も見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

ルールがあると、捨てるものを探しやすい。

スクリーンショット 2016-08-29 16.31.27

慣れてないのに
いきなり「フィーリングで捨てよう」
と言われてもちょっと難しいですよね。
同時に、フィーリングで捨てるのは怖いと言う気持ちもあるかと思います。

 

 

そこで、捨てるルールを以下にまとめました。

 

①「いつか使う」と思ったら、それは捨てるべき物

②「とりあえずとっておこう」と思ったら、それは捨てるべき物

③半年間以上使ってなかったら、それは捨てるべき物

これは、時間によってラインを引く事です。
どこかで、ラインを引かないといつまでも、それは残り続けます。

 

「いつか」は多分ほとんど来ません。
「とりあえず」とっておいても、出番はまずありません。
半年以上使わなかったら、次の半年もおそらく使わないでしょう。

 

フィーリングだけで捨てるのが難しい時は
こういった基準も参考にすると
グッと捨てるものが探しやすくなりますよ!

 

しかし、
「確かに使わないだろうけど、やっぱりもったいないな〜。

 

そう思う方も多いと思います。
特に私たち日本人は物を大事にしますからね。

 

そんな時はどうすれば良いでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

先に「捨て先」が決まっていると、捨てるものを探しやすい。

スクリーンショット 2016-08-29 16.33.07

もったいないという気持ち。

 

これも捨てるものを決める時の
ハードルになるのではないでしょうか。

 

文字通り「捨てる」と、
確かに私たち日本人の感性からすると
もったいなく感じますよね。

 

そして、
どこに捨てていいかわからない
これも捨てる時のハードルになるかと思います。

 

「これ捨てよう!よし!
ん?でもどこに捨てればいいの?
回収日はまだまだ先だし」

 

そこで、あらかじめ「捨て先」を決めておく
事をおススメします。

 

①あげる人を決めておく

②よく行くリサイクルショップを
 ジャンル別(洋服・家電・日用品など)で決めておく

③地域の大型ゴミ受け入れ施設を把握しておく

①あなたの不要物は、誰かにとって必要なもの。
例えば、うちは友人や親戚から、子供服が定期的にもらえます。
多分これから、2年間は買わなくていいです。(笑)

完全に捨てられずに、誰かの役に立つと思うと、
捨てるものを探すのも楽になりませんか?

 

②不用品はお金に換えてしまいましょう!
中には「え?こんなものも売れるんや?」といったものも売れる事があります。
僕は以前、販促品でもらったエコバッグが売れました。
何度か通って、自分のお気に入りのお店をみつけましょう!

 

③意外と知らない人が多いのがコレです。
大型ゴミは、半年に1回ぐらいしか集荷に来ません。
しかし、自分で持ち込めばいいのです(運ぶ手段も必要ですが)。
地域にそういった施設はあるので、ぜひ利用してみましょう。

 

 

 

捨てられないって言うのは結構怖いこと

MIYA16012231DSC_0353_TP_V

物があると言うことは、
その物を見る事で、何か色々思い出すと言う事でもあります。

意識的にしろ無意識的にしろ、
物を見る事で、実は脳みそがフル回転していて、
その物にまつわる思い出やイメージを脳内で映し出しているそうです。

それがつもりにつもって
イライラするようになるんですね。

 

何気無く置いてある物が、
実はちょっとずつ心の負担になっていたんですね。

 

何気なく置いてあった漫画やいらないマフラーのせいで
イライラしてたなんて信じられなかったんですが、

捨ててスッキリすると、
本当にそうだったんだなと気付きます。

 

詳しくは「モノを捨てると心までスッキリする」理由
でも書きました。よければご参考ください。

 

 

まとめ

最初から捨てるものを探す事が上手な人はいません。
習慣にするのに、ちょっとずつ心がけていきましょう。

 

本当に捨てられるようになると、
家の中だけでなく、
心の中までスッキリします。

 

ではまとめです。捨てるものを効果的に探すために…

・考えずにフィーリングで捨てるものをさがそう

・フィーリングが難しい時は、捨てるルールを参考にしよう

・捨て先をあらかじめ決めて、ものを大切にしよう

素敵なお部屋になりますように♪

 

こんな記事も役に立ちます! 

「モノを捨てると心までスッキリする」理由を知り、心の底からスッキリ!
【要約・感想】脳からストレスを消す技術。本の内容を3年かけて実践した。
突然やって来る捨てたい衝動を我慢できたら、人生が変わるかも!?
どういう人生を送りたいか、を自分から引き出す6つの方法

 

 

スポンサーリンク

 

 - ライフスタイル ,