【体験】ガッテン流!カビ退治は熱湯50℃!でも60℃の方が効きました。

   

先日ガッテンで紹介されていた、
カビ退治法。熱湯50℃をかけると、
カビは完全に死滅するのだとか。
しかしウチは60℃でやってみました!!

 

カビとの闘いにケリをつけるぐらいの勢いで放送された、
こちらの方法。

 

ホンマに効くの?
と思って、まだ試して無い方も
いるかもしれないので、
試しました。

 

梅雨のこの季節だけでなく、
これから暑い日が続くので、
高温多湿を好むカビからしたら、
繁殖のシーズン!

 

僕、カビ大っ嫌いなのです。
でも妻は割りとズボラなので、

とにかく以前から、
風呂場のカビが悩みでした。

 

 

結論から言うと、

 

ガッテン様、バンザイ!!!
って感じです。

タイルについた黒カビ、お風呂のドアのカビ、
ゴムパッキンまで、
撃退です!!

 

詳細は下記よりご確認ください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

50℃のお湯を90秒かけてみた

pic208

退治にはこれが効くそうなんです。

50℃の温度で死滅するそうなのですが、
カビくん達は表面に見えるだけでなく、
さらに1ミリ奥にまでいるそうなので、
ちょっと長めにカビが生えてるところにかけます。

言われた通り
シャワワワワワーって…。

 

 

おおおおおお。
確かに取れやすい。

 

んーー、しかし、
なんか思ってたほどの感動にはちょっと足りない。

 

普通のタイルのところは、
結構落ちる。
しかし、ゴムパッキンのところはしつこそう。

 

やっぱりちょっとこすらないといけないかな?


しかし、
特にゴムパッキンなどはこすったら、
その細いこすりキズから、

またカビが生えるって言うから、
あんまり強くこするのも嫌だし…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

数日後、60℃で試してみた

pic204

 

 

数日後、

 

「あ、もうちょっと温度上げてみよっかな?」
と閃いて、思い切って10℃上げてみました!

 

あの、
番組内容否定するわけじゃないですよ。(笑)
ウチのシャワーが表示温度より実際は低いのかもしれないし、
ウチのカビくんががんこなのかもしれないし。
ちょっと番組の試験状況とウチの状況が違ったのかもしれないし、
単に僕の満足度の問題かもしれません。

 

ちなみに、ウチの給湯器、
50℃以上は10℃きざみで温度上げる設定しかないので、
本当は熱いの嫌だから55℃ぐらいにしたかったんですけど、
あきらめて60℃です。
一気に10℃グーン!!です。

 

あと、
これ先にお伝えしておくと、

 

・長靴かなんか履いてやった方がいい
 なぜなら、めっちゃ熱いから!!
 熱湯って100℃ぐらい想像してましたが、
 50℃で十分熱くて、60℃にするともっと熱い!!

 

・ゴム手袋はめて、シャワーに金属部あるなら、
 絶対触らない方がいい
 なぜなら僕油断して触って、
 あっつ!!!てなったから。

 

・家族に「今からお湯熱くするよー」って先に
 言っておいた方がいい
 なぜなら、温度設定箇所が1箇所で、
 そこを変えると家中のお湯の温度が変わる
 ウチみたいなマンションの場合、
 流し台で洗い物している妻が悲惨な目に遭います。

 

・子どもは妻にみてもらった方がいい
 なぜなら空気を読めない2歳児のmy sonが
 「パパー」って風呂場に侵入しようとしてきたから。

 

・メガネは外した方がいい
pic203
↑めっちゃくもる

 なぜなら換気扇回してやっても、
 めっちゃ風呂場内が曇るから
 「前が見えん!カビどこ!?」
 ってなるので。

 

・天井は熱湯かけたらダメですよ!
 なぜなら…って当たり前ですよね。
 想像してください。熱湯を天井にかけて、
 下にいるご自身の姿を…。
 天井はキッチンワイパー的なのに、
 キッチンペーパーを巻きつけ、
 そこにアルコールを含ませて、
 優しく拭けば良いそうですよ。

 

 

で、60℃のお湯を、
改めまして…

 

 

シャワワワワワワーーーー

 

 

 

おおおおおおお

 

 

おおおおおおおおおおお

 

 

おおおおおおおおおおおおおおお

 

 

めっちゃ取れやすい!
気がする!(笑)

 

温度10℃あげることで、
より熱気が伝わりやすくなったのかな?

 

ビビりました。
以前はデッキブラシで
ゴシゴシしても取れなかった、
カビくん達。

 

しかしタイルについたカビや、
お風呂のドアにこびりついたカビぐらいは、
すぐに取れてしまいました。

 

なんて経済的…
お湯だけで…

 

 

パッキンは、
やはり少し残りますね。
見て見ぬフリして
しばらく放置してましたからね。(汗)
これは、奥まで根を張っているので、
仕方無いみたい。
しかし、熱湯によりカビ自体は死んでいるそうです。

このようにカビは死んだけど、
黒さだけが残ったタイル目などには、
目地修正剤(ホームセンターとかで売ってる)
でペンで書くように修正すればOKのようです。

 

 

 

60℃のお湯を90秒ほどかける
(実際は熱かったので、それほどかけてない)
カビが死滅する

カビ取り剤をかける
黒ずみなどを取り除き漂白する

カビ取り剤を流す

拭き取る
柔らかい布などで

めっちゃ綺麗!!!!
( ;´Д`)スゲェ

 

たったこれだけ。
総施工時間10分ぐらい。
恐るべし熱湯。

 

「ちょっと!ちょっと!風呂場見てって!」
と思わず妻を呼び、
「もーうるさいなー」
って言って来た妻も、

 

( ;´Д`)マジ?
ってなってました。

 

 

pic205

↑これが(表示さればい場合はリロードボタンを押して下さい)

 

pic209

↑こうなる(表示さればい場合はリロードボタンを押して下さい)

 

 

やるなら、
あくまで自己責任でやってほしいのですが、
(めっちゃ熱いので)
我が家は今日からカビ知らずになりそうです。

 

 

 

 

 

アフターケアは、熱湯5秒。

pic206

とは言え、
太古より生き抜いてきたカビくん達ですから、
隙あらばまた根をはろうとします。

 

そこで、
1週間に1度だけでOK!
先ほどの熱湯を5秒だけかければ、
カビが育つ前に退治できて予防になるのだとか。

 

ウチは60℃でやろうかなと思っています。
やるなら徹底的です。

 

で、それぐらい妻もするだろうと、
「ちょっと、週一でお湯かけといて」
と言ったところ、

 

「うん、いいよー」

 

との珍しい返事をいただきました。
楽にカビが取れる、
と妻も実感したようですね。

 

 

 

もう、完璧ですね〜。

 

 

 

まとめ

カビに熱湯、
僕の思ってた以上に、
強烈な破壊力がありました。

 

ただし、
くれぐれもヤケドには気をつけてくださいね。

 

 

【こんな記事も役に立ちます!】 

バーベキューでかっこいいと言われる為の、3キャラ別かっこつけ方お盆玉の相場はいくらぐらい?と言うかコレあげるべきなのか!?
【徹底解説】お墓にお供えする花の種類は?金額は?お供えのマナーは?
熱中症対策には帽子がイイ!どんな種類がベスト?形や色は?

 

 

スポンサーリンク

 

 - マメ知識