若返りには、毛細血管のケア!?ガッテンでも紹介されたみたい。

      2016/08/15

7/13のガッテンでも同様のテーマが紹介されました。
加齢と共に減少する毛細血管は、
体の栄養不足をもたらします。
その結果、シミ・シワなどができて老けて見られたり、
肺や肝臓の病気、認知症の原因にもなったりするそうで、
実は大問題!

そんな弱った血管をケアする方法を、
ガッテンでは詳しく紹介。

アンチエイジングと言うと、
どうしても肌のツヤや髪の毛など、
表面的なところに目が行きがち。

 

しかし毛細血管と言う目に見えないところを
ちゃんとケアする生活習慣こそが、
若返り効果・アンチエイジングに効果的と、
最近見直されています。

 

いつまでも若くいたいですよね?
僕もまだハゲたくないです!!
てわけで今回妻と一緒にガッテンを見ました。

 

 

 

今回はガッテンの情報もふまえつつ、

ズボラで頑張るのが苦手な、
妻のような人のために、
血管ケアの方法について
もっと詳しくまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まずは毛細血管の仕組みを知ろう!

pic232

毛細血管の役割、
それは体のすみからすみまで栄養や酸素を運び届けます。

その全ての血管をつなぎ合わせると、
なんと10万kmにも及ぶそうです。

逆にいらなくなった水分や老廃物を回収し
リンパ管を通して排出します。

 

つまり、毛細血管が元気なら、
いつまでも体がみずみずしい状態を保てます。
逆ん、毛細血管に元気がなくいと、
届くべき栄養が届かず老廃物もとどまったままなので、
だんだん老けていく原因に。

 

加齢や生活習慣・ストレス等によって、
毛細血管がもろくなったり、柔軟性を失います。
そのもろくなった箇所から老廃物が漏れたりして、
その漏れた老廃物が皮膚や髪に悪影響を与えたり、
大切な栄養が漏れて、届くべき場所に届かなくなるのです。

 

・最近、髪細くなったな〜
(↑僕、これでした。)

・肌がたるんでる

・シミ、ソバカスが急に増えた気がする

 

そんな人は要注意!
毛細血管が弱っているのかもしれません。

 

自分の毛細血管が減っているのを
見分ける判断材料として、
むくみがあげられます。

 

最近やたらむくむな〜って人は、
毛細血管が弱っていることを疑ってみましょう。

 

 

 

毛細血管自体を若返らせる方法とは…?

pic230

一度弱くなった毛細血管を復活…
そんなことできるの?

 

答えは、
できます!!

 

それは、
シナモン、発酵乳
を摂取する

と言うことです。

食べるだけの楽チン方法
なので、
ズボラな人でも若返り!?

 

後から説明する、
血流を増やす食生活と
合わせて取り入れたいですね。

 

 

薬物の王、シナモン!!

ガッテンでもチラっと紹介されていました。
シナモンは古来からあるスパイスで、
今や世界中で用いられています。
スーパーなどでも簡単に手に入れることができますよね。
漢方でも桂皮と呼ばれています。
なんか聞いたことある…って人も多いのでは?
お薬としても使われているんです。
しかも「薬物の王」なんて呼ばれたりもしてるんですよ。

 

シナモンに含まれる
桂皮アルデヒドと言う成分があります。
これは、
毛細血管を結びつきを助ける成分を
活性化させる働きがあります。

結論から言うと、
シナモンを食べたら、
毛細血管が修復され体の炎症も抑えられると言うわけです。

血管やリンパ管の
もろくなったところを修復してくれるので、
漏れることなく栄養を運んでくれたり、
老廃物を回収してくれたりするのです。

さすが、
薬物の王!

 

さっそく、
スーパーに行って購入だ!!

 

 

※シナモンの接種しすぎに注意
 1日小さじ0.5〜1杯でも十分な量。
 接種のしすぎは肝機能障害の恐れがあります。
 妊婦さんや、授乳中の方も接種しないようにしましょう。

 

ちなみに、
同様の成分が含まれるものに、
ルイボスティー・ヒハツなどが挙げられます。

ルイボスティーは最近一般的になって、
これもスーパーなどで売ってるので、
併せてゲットだ!!

 

 

日本産まれの発酵乳、年齢ペプチド

年齢ペプチド?
なんじゃいそれ??

 

ええ、変わった名前ですね。
最初から答えを言います。

 

それは…

 

カルピス
に含まれている成分です。
と言うかカルピス社が開発した商品なので、
カルピス社の一部の商品に含まれる成分です。

 

 

ちなみに、
発酵乳とか書いてありますが、
乳酸菌ではありません。

アミノ酸の結合したペプチドです。
カルピスの生成過程で発見されました。

 

そしてこの年齢ペプチドには、
血管年齢を若返らせる効果があるのです。

 

どうしても年齢を重ねると、
血管が固くなってしまいがち。
固くなるともろくなります。
さらに血流量が減ってしまい、
大切な栄養がすみずみまで行き渡りません。

 

年齢ペプチドは、
血管をしなやかにする効果があり、
血流量を増やしてくれるので、
しっかり栄養を体に届けてくれます。
動脈効果だって予防する作用のある
優れものです。

 

 

年齢ペプチドが含まれたサプリメント
あるようなので、
これから年を取るに従って、
毎日の生活に取り入れたいところですね。

 

スポンサーリンク

 

 

毛細血管内の血流量をアップしよう!

pic231

そして、
さらなる対抗策として、
「血流アップ」が挙げられます。

 

丈夫になった血管にたくさん血液を流して、
たくさん栄養を運んでもらおう、
と言うわけです。

 

血流アップにとって大切なのは、
まずは、
規則正しい生活。

・ちゃんと睡眠をとること
・栄養バランスの良い食事

 

が大切です。
若い頃みたいに無茶してたら、
あっと言う間に老けてしまいます。(笑)

 

 

そして、
・水分をとる
・運動をする

・食材に気をつける
・ストレスを溜め込まない

・体を冷やさない

 

など、
積極的に気をつける点も覚えておきましょう。

色々書いてますが、
自分にできることから取り入れていきましょうね!

 

 

水分をしっかり補給

ドロドロ血液では、
血液量が減る一方です!

僕は昔禁煙外来に行った際に、
先生から食事指導をしてもらっていたのですが、
(禁煙するとどうしても食べるものが増えるので
 食事指導までしてくれる先生がいます)

 

「ぜんっぜん、足りんな、水の量」

と先生に何度も怒られました。
それもそのはず、
先生が推奨していたのは、
1日1.5ℓ以上の水。

自分で思っているより、
結構飲まないといけません。
(↑ここ大事です)

 

さらに、
一気に飲んでしまうと、
すぐ排出されてしまうので、
せっかく1.5ℓぐらいがんばって飲んだのに、


「あんた、もっと水飲みなさいって言ったでしょ」

と怒られてしまいました。
( ;´Д`)いや…俺ちゃんと飲んだ…

 

1日にたくさんの水を、
こまめに飲むことを心がけましょう。

 

 

食材に気をつける

「ジュースとかは最悪です」
僕が通っている整体師さんが
よく言ってることです。

夏の暑い日には、
ゴクゴクと大量に甘いジュースを飲みたくなるのですが、

 

・冷たい水分を摂ることによる冷え
・糖質を摂りすぎることによ冷え

のダブルパンチで体が冷えやすくなってしまい、
結果血流が悪くなります。

飲み過ぎには注意しましょう。

 

こんな風に、
摂取に気をつけるべき食材があります。
注意してバランスよく摂取するようにしましょう。

 

昔僕は、
不摂生しすぎて健康診断での中性脂肪値が、
許容値より上になったことがありました。
血液ドロドロだったのです。

しかし、
食生活に気をつけるだけで、
それは改善されました。

深夜残業上がりのラーメンの誘いを断り、
毎日ヘルシア緑茶を飲み、
できるだけお魚を食べるようにしていましたね。

 

 

血液サラサラ食材はコレ

血がサラサラなら、
たくさん流れる!!

 

食材の中には、
摂りすぎると血液をドロドロにしてしまうものと、
逆に食べると血液をサラサラにしてくれるものがあります。

 

サラサラにしてくれる食材としては、
・玉ねぎ
・ねぎ
・緑黄色野菜
・さんまやアジなどの青魚

・大豆製品
・納豆
・らっきょう
・にんにく
・しょうが
・梅干し
・ゴマ
・黒酢

などが挙げられます。
うん、見るからに身体によさそう!(笑)

 

 

逆に気をつけたい!血液ドロドロ食材

逆に食べ過ぎると、
ドロドロになるので
注意したい食材はこちらです。

 

・脂身の多い肉類
・お菓子、インスタントラーメンなど、
 トランス脂肪酸を多く使った食材
・ジュース・お菓子などに含まれる糖分
・生クリーム
・ハンバーガー、ラーメン

 

うん、
美味そうなものばかりだ(笑)
お腹空いてきてもたがな。

摂取量にもよりますが、
くれぐれも食べ過ぎにはご注意を。

 

 

禁煙しよう!

もはやあたり前すぎて、
説明の必要なし!

結論だけ言うと、
タバコ吸ってると老けますから!!

スモーカーズフェイスって言うぐらいです。
血流もドロドロになり、
体内の活性酸素が体を攻撃。
皮膚のハリを失い、肌のくすみや、
シミ・シワ・クマが増えます。

 

血管を若返らせるためにも、
できるなら、イチ早くやめましょう!

 

 

ストレスを解消する&うまく付き合う!

ストレスも、
血管の流れを悪くし老けの原因になります。

ストレスを溜め込むと、
アドレナリンと言うホルモンが活性化され、
血中の血球が増えることで
血液のドロドロが増えてしまいます。

 

できるだけストレスは、
溜め込まないように。

ところでご存知でしたか?
人間はストレスには決して勝てないそうです。
あくまで上手くやっていくしかないのだとか。

その辺のところを、
こちらに詳しく書きましたので、
よければご確認ください。

【要約・感想】脳からストレスを消す技術。本の内容を3年かけて実践した。

 

 

きつい服を着ない

昔ピーコさんが、
「お洒落は我慢よっ!」って名言を残していましたが、
もちろんお洒落できつい服を着る分には、
楽しめばいいでしょう。

 

しかし、血流と言う観点からは、
あんまりいつもいつも
タイトなジーンズに闘うボディをねじ込んでいるのは
おすすめしません。

 

最近流行りのストレッチ素材のジーンズにしたり、
ベルトを少し緩めに巻いたり、
たまにはレギンスをやめてみたり、

 

などなど、
いつもよりちょっとゆったりモード
心がけてみては。

 

 

運動不足を解消しよう!

もっとも嫌がられそうなので、
最後にもってきました。(笑)

妻にもたまには運動せい!って言うのですが、
全然しないですからね。

 

 

・血液サラサラには、有酸素運動
呼吸が苦しくない程度の、
酸素を取り込んで消費する有酸素運動がおすすめです。
ズバリ、ウォーキングが良いですね。
慣れてなくてわざわざウォーキングするのを面倒に感じる方は、
いつも自転車で通る道を歩いてみたり、
いつも歩いているのなら少しだけ早歩きしたり、
ちょっとした工夫を加えましょう。

 

 

・これ簡単。意外と忘れがちなストレッチ
ストレッチも立派な運動です!
なので本当に運動が苦手な僕の妻のような人の場合は、
ストレッチをすることをおすすめします。

ストレッチは体を柔軟にすることで、
血流アップに貢献してくれます。

 

運動はストレス解消にも役立ちます。

 

有酸素運動とストレッチ、
さらに基礎代謝を上げてくれる筋トレも組み合わせて、
運動をしていきたいですね!

 

 

そして、なんと「スキップ」がスゴくいいみたい

ガッテンでも紹介されていたのは、
この方法。

 

しかし、
別にスキップじゃなくても、
ふくらはぎが鍛えられればなんでもいいのです。

街中でスキップしてたら、
ちょっと大丈夫かと心配されてしまいますしね。

ふくらはぎは血液を体に送る第2の心臓と言われています。
なのでここを鍛えると、血流アップ!!
と言うワケ。

 

で、嫁さんが運動したくないーと言った時は、
血流アップのために
「その場背伸び」×20回×1日3セットをお勧めしています。

 

これ、
こっそりできるし、
やってみたら分かりますが、めっちゃ効きます。
そして、なにより気軽にできます。

 

 

 

 

まとめ

僕の母は、
アルツハイマー病になりました。

アルツハイマーは
色んな原因が重なり合って発症しますが、
毛細血管不足も一つの原因です。

 

今思うと、
毎晩ビール飲んでたし、
運動なんて全然しないし、
ストレスを溜めやすい性格だったので、

毛細血管はスゴく弱っていたのでしょうね。
そのようにならないために、
毎日の生活をしっかり気をつけたいものです。

 

血管若返りの極意や、
血流アップの方法を書いてきました。

・シナモンを食べる
・年齢ペプチドの入ったサプリを食べる
・食事内容を改善する
・ストレスを溜めない
・水を思っているよりたくさん飲む
・タバコを吸わない
・締め付けのきつい服はほどほどに
・運動をする

 

サプリメント食べるだけでOKみたいな、
簡単なところから始めていきましょうね!

 

 

スポンサーリンク

 

 - ヘルスケア