【2分で解説】胃にあんまり負担をかけず、早く食べるコツは?

      2016/12/06

みんな食べ終わってるのに、自分だけまだ。
周囲の視線が痛いけど、早く食べるのはやっぱり難しい!
そんな悩みありませんか?

 

今日は、
ゆっくりしか食べれなかった人が、
早く食べれるようになった方法をお伝えするという、
面白いんだか面白くないんだかよく分からない記事です。

 

 

その「ゆっくりしか食べれなかった人」とは、僕の嫁さんです。
↓僕の嫁さん
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20「小学校の時、だいたい一人で居残りして給食べてたしな!!」

 

 

そんな嫁さんは、新卒後に会計士事務所に勤めてからというもの、
必要にかられてやたら食べるのが早くなりました。
仕事が忙しいからなんとかして早く食べないといけなかったそうです。

 

 

あなたも嫁さんにならって、
以下の全4項目を読めば早く食べられるようになるかも!?

 

さらに早食い=消化に悪いって心配してませんか?
イエス!!消化に悪いに決まってます!いいわけないやん!!!
だから、できるだけ消化が悪くならずに食べる方法もちょこちょこーっと文中に書きました。
では、どうぞ!

 

 

 

お箸を置かないこと

d68e14600d840d2df30a3b8f7e5bf7f5_s

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20「お、お箸置いてない〜!!!」

 

 

早く食べるために、早く食べている他人を観察していて、
他人が箸を置いていないことに気づき衝撃を受けたそうです。
ゆっくり食べている人は、お箸を置いているんです。

 

お箸を置くことは、お坊さんが「よく味わって食べる修行」すなわち食禅と言う修行にも用いる方法なので、
そりゃーーゆっくりになりますよー。

 

 

反面早い人は、箸を休める事がありません。
握りっぱなしですね。

 

 

まぁ本当に消化のことも考えて、ちゃんと食事を味わいたいのなら、
「お箸を置く」という習慣はお坊さんもオススメするぐらいすごく良い習慣なんですけどね。

 

 

スポンサーリンク

 

「次に食べるものを迷わない技」を身につける

1c87f27b78584b421a9441dd62c85827_s

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20「え、選ぶのはえ〜!!」

迷いなく箸を進める先輩サラリーマンが、
まぶしく見えたのだとか。(ホンマかいな)

 

 

 

食べるのが遅い人は、
次に何食べようか迷っています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20

「今納豆食べたから、うーんと、次は…青菜??」

 

 

 

逆に、早い人は迷いません。
テンポが良いです。

 

 

このテンポの良さを強制的に身につけるには
「三角食べ」または「順番食べ」
がオススメです。
共に、食べる順序が決まっているからです。

 

「三角食べ」はご存知の通り、
ごはん→副菜→主菜→ごはん
のように順番に食べる方法。

 

「順番食べ」は
ごはんをまず全部食べて→
副菜もその後全部食べて→
メインのお肉を最後に全部食べる
正に順番に食べる方法です。

 

 

「順番食べ」の順番をサラダを先に食べる事でダイエットにもつながると言われているし、
消化のことも考えるとこちらの方がオススメですね。

 

 

まぁどっちにせよ、
次に食べるものに迷わない!ことが大事。
迷っているとそれだけで食べるの遅くなりますからね。

 

 

 

 

会話をもう少し控えめに

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-02-17-22-47-30

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃぺちゃくちゃ」

 

 

って言うか、
なぜ、今しゃべる。
早く食べてくれ。

みんな待っているんだ。
喋る前にごはんを噛んでくれ。
いちいち喋る時に箸を止めないでくれ。

 

 

そんな風に周りが思っていても、
食べるのが遅い本人って意外と気付かないもの。

箸を置いたりして完全に動きが止まっているあなた。
みんなはその箸に注目しています。
あなたは会話に夢中です。
そして、「早く食べろって怒られた」…とむくれます。

 

知らんがなーー!!
むきー!!(; ̄ェ ̄)
早く食べんかー!!

 

 

スポンサーリンク

 

食事に集中せよ!

5c0bfc47e3784be001ac56b84676c28c_s

 

食べるのが遅い人は、意外と食事に集中していないことがあります。

 

誰かとの食事って楽しいから、
つい食事そのものから意識がそれがちなんです。

でも食べるのが早い人は、
ごはんを噛むことにちゃんと集中してたりします。
あなたと同じように喋っているようで、実は結構食事にも集中しているんですね。

 

食事に集中できると消化にもいい。
消化をよくするコツは、
「ただ食事に集中する」それだけです。
それだけで食べるのも早くなって、消化もよくなります。

 

 

 

食事に集中するためのトレーニング方法があります。
それは「少量を、早く、たくさん噛むこと」。
早食いって、多くの量をあんまり噛まずにガッツリ食べるのを想像すると思いますが、これは単に消化に悪い方法です。

 

消化の良い早食いをするためには、
とにかくたくさんアゴを動かして噛む回数を増やすのです。
少しの量ずつで大丈夫です。うちの嫁さんも一度にたくさん食べたりはしません。
とにかく噛んで噛んで噛みまくっているだけです。だから早くなれたのです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-51-20「モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ」

 

 

いきなり誰かとの食事で実践するのは難しいので、
まずは一人の食事の時に、
集中して早くたくさん噛む練習をしてみてはいかが?

 

 

 

 

 

とは言え、一番の理想はゆっくり食べること

9d43e7f726d9a4bb1f0b2d820c4a9358_s

 

社会生活送っていると、
相手に合わせなきゃいけない時もあるので、
早く食べる事ができるに越した事はありません。

 

 

しかし、
・お箸を置いて
・ゆっくりちゃんと噛んで
・会話を楽しんで

そんな食べ方をすると、もちろん消化にも良いし、
何よりゆったりとした気持ちになれます。

 

現代社会が、ちょっと急ぎすぎなのかもしれないですね。
人にはそれぞれ合った食事の量やペースがあります。

 

ゆっくり食べられるに越したことはない…。
早食いはあくまで単なる技術
としてとらえておきましょう!

 

 

 

こんな記事も役に立ちます!

【調べた】お茶漬けは消化に悪い?真相は…少し意外な結末だった。
【悲報】食事中にお茶は控えた方がいいらしい。
熱中症予防に効く飲み物!!イオン飲料と、ぎゅ…牛乳!?う…梅干し!?

 

 

 -