軽度の被害妄想は、「適応障害」のサイン?思い込みに要注意!!

      2016/08/13

社会的な生活を送ることが難しくなる心の病気「適応障害」。
抑うつな気分や、不安・焦り、手汗をびっしょりかいたり、
変にイライラして喧嘩になったり、とてもしんどい症状が現れます。

抑うつや不安の症状と一緒に現れやすいのが、被害妄想。
「存在しないはずの音が聞こえる」や
「あの人の心の声が聞こえる」など、
統合失調症など重度の症状を疑うべきですが、

 

「もしかしたら、僕は重大な病気かも」や
「自分はとんでもないことをしてしまった」など、
一応原因があると思われる類の被害妄想をしている場合は、
もしかしたら、適応障害の症状を発症しているかもしれません。

 

いつの間にか、
会社や学校に行くことが、
ひどく辛くなってはいないでしょうか?

 

今日は、そんな被害妄想の例を基に、
ご自身の頭の中と照らし合わせて、
参考にしていただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こんな被害妄想に要注意!正常な人との違いとは?

pic329

始めに、ですが、
ちょっと被害妄想があるだけでは
適応障害と診断されません。

 

「なんかこの人極端だな〜」
って言う人っていますよね。
でも病気ってわけでは無いですよね。

 

加えて、
適応障害程度の被害妄想は被害妄想と呼ばずに、
思い込みが強くなっている程度のものがほとんどです。

 

しかし、
適応障害を持つ人が、
抑うつ症状と一緒に
かたよった思い込みを持っていたり、

反対に思い込みの強い人が、
ストレスを感じやすく
適応障害を発症してしまったり、

 

と言う事は十分に考えられます。

 

 

なので、
ご自身の思い込みに気づいて、
早めの対処を心がけましょう。

 

ちょっと、
同じ事実に対して二人の別の人間がどんなリアクションをするのか、
例を示してみました。↓↓

 

 

比較事例:やや被害妄想気味のAさんの場合

あの人にこんにちは、と挨拶をしたが、
目も合わせてくれなかった。
もしかしたら私の事が嫌いなのだろうか。
そう言えばなんだかムスっとしていた。
きっとそうに違いない。

 

ああ!やばい!お客さんにメールを送っていない。
せっかくに見積もり依頼のメールなのに…。
昨日の夜届いて…もうお昼過ぎてる!
なんて事をしてしまったんだ。
私ってなんてマヌケなんだろう。
きっとめちゃくちゃ怒られる。電話しようかな…。
でも不機嫌な声で出るんだろうな…。
できない営業とか思われるんだろうな…。
もう先方の会社に行って土下座しようかな…。

 

なんで、私は今日一人でご飯を食べているんだろう。
そう言えばいつだって私は疎外されてきた。
いつも、なんだか人と合わない感じがしていた。
あ、あの人私を哀れんだ目で見ている。
あっちの人も、ブスだから友達いないんだろって目で見ている。
楽しそうだな、あの人たち。
私も混ざりたいけど、無理だ。
私にはきっと価値が無いんだ。

 

あ、貯金だいぶ減ってきたな。
もう100万円しか無い。
なんで私ってこんなに貧乏なんだろう。

 

 

比較事例:心が健康的なBさんの場合

こんにちは!
あれ?返事ないな、どうしたんだろう。
そう言えばなんか暗い顔していたな。
気分が悪いのかな?それとも何か悩み事でもあるのかな?

 

あ、やべー。お客さんにメール返してない。
んーと、見積もり依頼のメールか…。
昨日の夜来て、今お昼だから、まだ大丈夫だな。
昨日メール来た時点でもう会社にいなかったしなー
許してくれるだろう。
とりあえず先に先方に電話だけ入れて、
ササッと作るぞ!!ピンチはチャンス!!

 

あ、今日一緒にメシ食べる人いないな。
そうだ!ここぞとばかりに、
お一人様豪華ランチに行こう♪
同僚と行くとなんとなく金額合わせないといけないから、
なんか注文しずらいんだよね。
どう、一人でこんな豪華なの頼んでるのって、
セレブっぽくない?

 

おっしゃー!
今月貯金残り100万に抑えたぜー!!
もっと減るかと思った…。
来月も稼いでなんとかするぜー!!

 

 

 

被害妄想が強めな人・心が健康な人、両者の違いとは?

同じ事実に対してのリアクションの違いを説明しました。
この違い、言葉で表現するとどうなるのでしょうか?

 

被害妄想強めのAさんは、
内向的で長期的で一般的です。
どう言うことかと言うと、
「ものごとの原因を常に自分に求め」「ずっとこんな状態が続く(続いてきた)」と思い、
「自分はこんなタイプの人間」と受動的に決めつけています。

 

反対に心が健康なBさんは、
外向的で短期的で個別的です。
これもどう言うことかと言うと、
「ものごとの原因を自分以外に求め」
「こんな状態は今だけ」とあっさりしていて、
「自分はこんなタイプ」と決めつけず、
「こんな風にやりたい!」と能動的に動きます。

 

実際は一人でご飯を食べている冴えない女性に対して、
心の中でひどい事を言う人はいるかもしれません。

ただ、一つ言えるのは、
現実をどのように捉えるのか、
その認識を偏らせないことが大事です。

そう思っていない人もたくさんいるし、
他人の事なんてどうでもいい人がほとんどです。

 

 

現実をどう捉えるか、
その認知の歪みがストレスを増大させ、
そのストレスが適応障害などの引き金になります。

 

そして適応障害でより抑うつ症状がひどくなると、
余計にその被害妄想を増大させ、
どんどん自分がちっぽけに見えてきて、
そしてそれが余計抑うつ症状をひどくさせ…

 

そんな悪循環に陥ります。

 

もしあなたが、
被害妄想がひどいと誰かに言われ、
最近なんだかしんどすぎるのであれば、

 

もしかしたら、
すでに適応障害を発症しているのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

診断は病院で確実に。うつ病ならもっと大変。

c2207037a011e694663395652d71b653_s のコピー

うつ病も、
適応障害と同様に抑うつ気分、不安・焦燥感、
などが現れます。パッと見た感じが、
適応障害と似ているのですね。
医師でも診断を間違える時があるそうです。

 

適応障害は、
原則ストレスから遠ざかると、
その症状が徐々に和らいでいきます。

 

しかし、うつ病となるとそうはいかないことがあります。環境が変わっても気分は晴れず、持続的に憂うつ気分は続き、何も楽しめなくなります。これが適応障害とうつ病の違いです。※厚生労働省HP

こうなってくると結構大変です。
全ての事に興味を無くしていき、
食欲も失せ、不眠の症状が続くことがあります。

 

 

適応障害は基本的には休めばなんとかなる病気です。
ストレスから遠ざかること(休職するなど)で、
その症状の改善が見られ、
半年以上症状が続くことはありません。

 

しかし、
うつ病は基本的に休んだとしても
すぐ回復が見込めないことも多く、
治療開始が遅いほどその回復も遅くなります。

 

 

嫌なのは、
適応障害のような症状だったのに、
いつの間にかうつ病も併発していたというパターンです。
無理をしていつの間にかひどくなってしまっていたのですね。

 

 

さらに、
統合失調症だともっと大変です。
しかし統合失調症の場合は、
「自分はロシアのスパイだ」「あの人の心の声が聞こえる」
「もうすぐ背中に羽が生えてくる」
などと言った、
あり得ない現実を現実として信じ込んでいるので、
自分では気付けないかもしれません。

 

適応障害と診断されても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されています。つまり、適応障害は実はその後の重篤な病気の前段階の可能性もあるといえます。※厚生労働省HP

 

ともあれ、
ただのストレスや疲れとは違う異変を感じたら、
ひどくならないうちに、しっかりと病院で見てもらいましょう。

 

 

 

 

治療は休息・投薬・そして思い込みのクセを直すカウンセリング

pic330

治療には、
まずストレスとなっている対象から遠ざかることが
原則としてなされます。

 

例えば職場や学校。
ストレスの素から遠ざかると、
意外とあっさり治っていくのが適応障害の特徴。
しかし家族など遠ざかるのが難しい場合もありますよね。
その場合はカウンセラーによるカウンセリングなどが
次の対策として有効です。

 

 

そして、薬。
これは不安に対処したり、
抑うつ状態を改善したりする時に用います。

さらに、適応障害になると、
イライラして喧嘩をしてしまう人や、
やけ食いに走ったり、
「自分を大切にしないヤケクソ行動」
に出る人がいます。
こういった人の神経を落ち着かせるのにも、
投薬が行われます。

 

最後に強い思い込みの癖を直すカウンセリング。
これが実はもっとも根本的治癒に効果的です。
先ほど説明したように、
認識の歪みが、苦しいストレスを生み出しているからです。
ではその認識の歪みを修正してしまおう!
と言うのがこの考え方です。

 

そのため、
医師やカウンセラーと一緒に用いられるのが、
「認知行動療法」と言う治療法。

 

僕は心理学も専攻していて、
親もカウンセラーだったこともあり、
このサイト内でも一度紹介したことがあります。

 

ちょっとだけ認知行動療法の内、
思い込みに気づくワークについてご説明します。

 

これは、
今すぐ始められるワークです。
実際に病気になってしまうと、
医師やカウンセラーの助けが必要ですが、
「ちょっと思い込みひどいかもな〜」
ぐらいの感じなら、
一度自宅で試してみましょう。

 

 

※紙とペンをご用意ください

【認知療法的ワークの流れ】

① 自分が今信じている内容を書き出す ※1つだけ 
(例:年下の夫は私のことを老けたおばさんと見ているに違いない)

② そう信じた証拠を書き出す ※できるだけ沢山 
(例:私を見る目が最近冷たい、プレゼントしてくれなくなった)

③ この事を考えた時の気分と気分の割合を書き出す
(例:悲しみ70%、怒り30%←このように感情を表現して書き出します)

  ↓ ここからが大事!  

④ ①で自分が信じている事の真逆の証拠を書き出す ※些細な事でも沢山
(例:この前重い荷物を持ってくれた、毎日会社から帰る時連絡をくれる)

⑤ ④を終えたら、①をもう一度見直してみる。見直した内容を書き出す。 
(例:私は昔より老けたかもしれないが、彼の愛は冷めていないかも)

⑥ ⑤ができあがったら、この事を考えた時の新しい気分と気分の割合を書き出す 
(例:安心20%、疑い40%、楽しさ40%
   ↑再度このように感情を表現して書き出します)  

 

この方法を繰り返すと、
心のバランスが徐々に取れるようになってきます。
すごく心がすっきりします。

 

僕は多分心が健康な人ですが、
認識がかたよってるな〜と思ったら、
よく試す方法です。

 

思い込みについて、
こちらでも書いています。
よければご参考ください。↓
あなた自身を縛る「べき思考」から、自由になる。

 

 

 

まとめ

心の病は、
ひどくなると本当に辛いもの。

だからこそ、
早めの対処が必要です。

しかし、
思い込みってなかなか本人が気付かないからこそ
思い込みとも言えます。

 

定期的にしっかり休息をとって、
そんな思い込みに足を取られないようにしていきたいですね。

 

【こんな記事も役に立ちます!】 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - ヘルスケア