【不安】妊婦に低脂肪牛乳は良い?悪い?ウチは元気な子が産まれました!

      2016/10/22

妊娠中は食べ物に気を使います。
自分が食べているものが原因で、
赤ちゃんに悪影響を与えたらどうしよう?とか
アレルギー体質で産まれてきたら?など、
心配になってしまいます。

 

最近よく言われる
「妊娠中に低脂肪乳飲むことが胎児に及ぼす影響」について、
妻も一昨年妊婦だったので色々調べました。
僕は牛乳好きですが、
太りたくないので低脂肪乳をよく飲んでいましたから。

 

調べた中で得た内容や、
食生活にかなり気を使った妊娠中の妻の体験談
も含めて、
これからママになるみなさんに参考にしていただけたら幸いです!

 

ちなみに、
ウチの子は全くアレルギー無く産まれてきました!
僕も妻もアレルギー体質なのですが…。
努力の結果かな…??

 

 

スポンサーリンク

 

 

免疫に悪影響があるから、アレルギー体質になる?

b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s

よく取り沙汰されているのが、この説。
やっぱり気になります。
おさらいしましょう。

牛乳には脂肪分が含まれています。
さらに、
その脂肪分にはビタミンが溶け込んでいます。

 

脂肪分が少ないのが低脂肪牛乳ですから、
その中に溶け込んでいたビタミンも無くなります。

 

すると、
・ビタミンD(アレルギー増加の原因となるIge抗体を抑制する)
・ビタミンA(免疫機能を活発にする)
この脂肪に含まれていたアレルギー抑制ビタミンまで
失われることになります。

 

 

加えてこの調査結果は
確定的な研究結果を表すものでは無く、
あくまで研究途中の仮説なのですが…↓

牛乳の持つ脂肪分が、
胎児の免疫システムを作るのを助けている可能性があって、
低脂肪ヨーグルトを多く食べた妊婦さんの子どもは、
喘息などを多く発症したと言う追跡調査があるそうです。

牛乳の持つ大切な働きを失ってしまう
無理やり加工された牛乳を、
たくさん摂取したら体に悪いかもね、
と言う話なんですね。

 

免疫システムを作るのに必要な栄養素を
十分に摂取できず、
アレルギー体質になる
と言うのがこの説なんです。

 

そもそも、
日本人の9割もの人が
牛乳の成分を消化する酵素を持っていないとの
話もあるので、

 

低脂肪に関わらず、
牛乳自体たくさんは摂取しない方が
いいのかもしれません。

 

 

 

低脂肪乳、やっぱり飲んでもいい?

tsuruno27_TP_V

おそらく、産婦人科で配布されるような冊子にも
「毎日コップ1杯の牛乳を」などの記載があるのでは
ないでしょうか?
ご存知の通り、
健康のために牛乳を薦められています。

 

カルシウムは妊婦さんにとって
必須ミネラルですし。

 

適量を守っていれば牛乳は体に悪くないとも
述べられています。

 

むしろ先ほど述べたように牛乳に含まれる脂肪は、
免疫システムを作ってくれる。
そして、低脂肪乳はその脂肪分が少ないだけ。
少ないだけなら別にいいのでは、飲んでも。

 

 

さらに、

逆に低脂肪牛乳がダメ!控えましょう!と書いてある
公式な情報(公的機関とかの)は、
僕たち夫婦が探した限りでは
無かったです。

 

 

まとめると、
どうせなら低脂肪乳より牛乳飲もうぜぐらいの話で、
あれ?やっぱり飲んでもいいのか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

結局どうすれば…。妻が妊娠中の食生活で気をつけた事とは?

pregnant-971984_640

我が家流の妊娠中の食生活は、

 

巷で「胎児に良くない」とされているものは
極力避けるようにしました。

 

初めて授かった子ですからね。
慎重に食材を選んでましたね。

 

例えば

・米は白米から玄米に変える

・牛乳は控えめに、小魚や小松菜など
   植物性の食物からカルシウムを摂る 

・葉酸をたっぷり摂る

・ブロッコリーを食べる

・出汁などは、加工品を使わずに
 できるだけ添加物の少ないものを買う

・脂肪分の少ないタンパク質を摂る

・卵は少なめにする

・薄味を心がける

など、けっこうヘルシーな毎日でしたよ。
ちょっとやり過ぎたかな(笑)

 

 

 


ちょっとでも疑わしかったら控えめにする。

しかし、栄養学って時代によって結構コロコロ変わるイメージなので、
過剰に食べるのを禁止してもストレスになるだけ。

 

 

 

疑わしいものはできるだけ控えて、
ストレス溜まらない範囲でヘルシー生活をする。
そう言う安全パイな食生活にしました。

 

なので我が家では、
低脂肪牛乳はたまに飲んでもOKだけど、
基本アウトです!
あくまでウチの場合ですが、
低脂肪乳はもちろん、
牛乳自体ちょっと量が減ったかも。

 

※その他食に関してはこんな記事もどうぞ。
お茶漬けは消化に悪い?その真相は…少し意外な結末だった。

 

 

アレルギー知らずの我が子

IMG_3402※我が子です

 

そんな努力の甲斐あってか、

 

妻は、食物アレルギーの蕁麻疹体質
僕は、ハウスダストや花粉に弱いアレルギー体質
にも関わらず

 

息子はアレルギー全く無く産まれてきました。

 

てっきりアレルギー体質で産まれてきて、
もしアトピーとかになったら色々してあげないとなー
と、勝手に覚悟してたんですが…。

 

単純に食べる物を良くした、
そしてあんまり牛乳飲まなかった、
と言う因果関係だけでそうなった訳では
無いかと思いますが、

 

元気に走り回っている我が子を見ると
「もしかしたら食ってすごく大事かも」
と思ってしまいますね。
( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

まとめ

以上からの結論、
と言うか我が家が実践していたことなんですが、

『疑わしきはできるだけ摂らず』ですね。
「できるだけ」がミソです。

 

正直色々な情報が飛び交っていて、
悩んじゃいますよね。

 

気にし過ぎてかえって
栄養取らなさ過ぎ・偏りすぎ
になるのも考えものです。

 

 

少量の摂取で体に重大な影響を与えるのは
猛毒か強いアレルギー(アナフィラキシーなど)
などに限られます。
そこまで過剰に怖がらなくてもよいのでは?

 

 

少しの摂取は許容範囲と思って、
ストレス無く生活する

と言うのも、ウチは大切にしました。

 

イライラするのも、
赤ちゃんには良くないですからね。

 

あなたの赤ちゃんが健やかに
産まれてきますように!

 

【こんな記事も役に立ちます!】 

熱中症予防に効く飲み物!!イオン飲料と、ぎゅ…牛乳!?う…梅干し!?
赤ちゃんに、蚊取り線香は大丈夫なのかとスゴく気になったら…
ワーキングマザーが、助け合えるママ友を作る時のポイント

 

スポンサーリンク

 

 

 - 子育て,