ゾンビの起源が、ゾンビ以上に怖かった件。

      2016/09/22

もうすぐハロウィン。だいたい毎年、
誰かはゾンビメイクをしています。
しかしこのゾンビって、そもそもなんぞや??
何が起源なの?

 

例えばドラキュラは、
むかーしのちょっとヤバい王様をモチーフにした、
「ドラキュラ」と言う小説がもとになっている…

なんて話がありますが、
ゾンビはどうなのでしょうか?
誰かモデルでもいるんでしょうか?

 

実は、ゾンビの歴史を紐解くと、
その起源はめっちゃおっかないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ゾンビは奴隷だった!?

handcuffs-921290_640

ゾンビの起源・発祥には諸説あり、
これも仮説なのですが、
ゾンビは意図的に作られた奴隷かもしれない
と言う話があります。

 

ゾンビパウダーと言う毒薬があり、
これを投薬されたものは、
亡くなってしまうか、
前頭葉と言う人間らしさを司る脳の部位が破壊されたまま、
生きた傀儡になってしまうと言われています。

 

 

前頭葉って、
いわば脳の司令塔なんです。
思考したり何かを想像したり、
人間としての意欲を司る、
人間を人間たらしめる脳の機関で、
脳と言うオーケストラの指揮者なんて言われたりしています。

ここに異常があると、
外の出来事に対してとことん無関心になったり、
逆に感情のまま行動してしまったり、
空気が完全に読めないダメな感じになったり、
計画を立てることができなくなったり、
けっこう大変なんです。

 

 

挙句ここを破壊されたりなんかしたら、
自分でものを全く考えられない、
ただの動く人間なので奴隷として動いていたというわけ。

極悪非道ですね。

 

人間らしさが破壊されているので、
ノロノロと動き回り、まるで亡くなった人が蘇ったようだと
言うわけなんです。

 

って…
この話怖すぎるっしょ…。

 

ただ、
近年の研究では学術的には、
ゾンビなんてこの世にいないしいたこともない
と全否定されているので、
この話は過去の話に色々尾ひれがついたものかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

今のゾンビの形になったのは、映画の影響

film-158157_640

ゾンビの定義・特徴としては、
①蘇った人
②でも意識はあんまりない
③人肉を好む
④戦うとけっこう強い
⑤噛まれると感染してゾンビになる

 

大体こんな感じでしょうか。
奴隷ゾンビは、①と②は該当しますが、
③④⑤は該当しません。
別に人を襲うわけではないからです。

 

つまり③④⑤のゾンビ像は、
後から映画によって印象付けられた話なのです。

 

 

映画史上で一番最初に出てきたゾンビ映画は、
「恐怖城」と言う戦前の映画です。
この時のゾンビはまだ①②のゾンビで、
ゾンビパウダーによってゾンビになってしまったゾンビでした。

 

しかし、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」
と言う映画で、
今のゾンビの形にグッと近づきました。

 

 

いわゆる映画史に残る歴史的作品でして、
ゾンビ愛好家から畏怖の念で見られている作品です。

この映画が初めて、
「ゾンビが優しい市民に喰らい付く」
「ゾンビは感染する」
「ゾンビの勢力拡大で人間がもがいていく」
と言う王道にして鉄板パターンを作り出したのです。

 

それ以降にできる映画って、
結局このパターンなんですよね。

 

 

みんなゾンビが大好き過ぎて映画作られまくる→完全に定着

person-695656_640

ミラ・ジョヴォビッチの「バイオハザード」も、
ゾンビに噛まれた仲間が次々にゾンビになり、
段々と人間達は窮地に陥っていきます。
もう、なんか救いないよね。

 

ウィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド」も、
やっぱりゾンビに噛まれたらゾンビになります。
世界はゾンビに支配されようとしていた…
って感じの出だしじゃなかったっけ?

 

ロンドン五輪の開会式や、
「トレインスポッティング」「スラムドッグミリオネア」
などで有名なダニーボイル監督の、
「28日後」は、ノロノロするゾンビ
(正確にはゾンビじゃないけど、ゾンビ的特徴はバッチリ)は出てこなくて、
全力疾走のゾンビが出てきます!めっちゃ早くてめっちゃ怖い(笑)
これは一時期すごく話題になりました。早すぎなんですよね。(笑)

しかし、だんだん人間が追い詰められていくのは相変わらずの感じで、
追い詰められた人間と人間に争いが醜い感じの映画でした。
うん、救い無い。

 

 

映画化された漫画の「アイアムアヒーロー」
ゾンビものと言えばゾンビものです。
ゾンビっぽいZQN達がガンガン人を襲います。
そして世界の覇権はどんどんZQN達に奪われていきます。

 

 

近年の映画が昔と違うのは、
世界的にゾンビ“ウィルス”が感染して、
パンデミック的になって世界滅亡!
ってなるところでしょうか。

 

 

現代に入っても相変わらずバカスカ作られる中で、
ゾンビのスペックは多少変わったものの、
もう完全に、
「ゾンビって人襲うよね」
「ゾンビってうつるよね」
というイメージが刷り込まれるようになったのです。

 

ちなみに最近では、
ゾンビの恋愛ものなんかが結構作られたりして、
ちゃっかり人気者なゾンビさんです。

 

 

まとめ

今のようなゾンビの形になったのは、
ほぼフィクションのようですね。
そう思うと怖くは無いのですが、

大本のゾンビの起源は、
結構怖かったです。

けどなんか見ちゃうんですよね、
ゾンビ映画。

 

【余談ですが】ハロウィンにゾンビメイクするのは…

ハロウィンにゾンビメイクをするのは、
もちろん仮装からきているのでが、

 

この仮装は何かというと、
古代ケルト民族のお祭りに起源があると言われています。
ハロウィンの原型にもなったお祭りですが、
昔のケルト人は現代日本のお盆のような宗教観を持っていまして、
この時期になると霊があの世からやってくると考えていました。
日本のお盆と違うのが、
霊と一緒に悪霊もついてきたりすること。
その悪霊を追い払うために、
仮面を被ったり、焚き火をしたりしてたそうです。

 

襲いまくるゾンビの衣装を身にまとったら、
霊もびっくりして逃げていきそうですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 季節行事・季節のニュース