本当に優しい人は絶対損をしない。でも弱い人は大損をする。

   

優しい人は損をするとよく言われています。
人を信じていては裏切られ、NOと言うことができず、
自分より他人を優先しすぎてストレスが溜まる…。

 

これ、正直言って超疑問な考え方です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-1-54-48「そんなワケないやん!」
と僕は言いたい。

 

優しい人は絶対損しないんですよ。
損するのだとしたら、その人は優しい人ではなくて、
ただの「気の弱い人」。

 

今日はそんな、
「新・優しい人論」
を書きたいと思います。
優しい人が絶対損しない理由を偉人たちの名言を紹介しながら、
今からお伝えしていきます。伝える!伝えるぞ〜!

 

スポンサーリンク

 

 

「優しい」とは、人の幸せを願うということ

本当の優しさとは、相手を理解し、相手の心情を思いやる想像力を持つことです。
瀬戸内寂聴「あきらめない人生」より

人の幸せを願うからこそ、
相手のために何かをしてあげたいし、
つらい時はそばにいてあげたい。

愛情を相手にプレゼントしたい、という想い。
単に人に喜んでほしいだけなのです。
人の笑顔を見たいだけなのです。

「あなた凄い人ですねー」
「あの人良い人だよね」と言われたいわけではないのです。

 

 

こんな人が損するというのは超誤解。
周りからそう見えるだけ。
って言うかそう見る周りの人こそが打算的に生きているだけです。
だからそう見えてしまう。

 

 

 

「本当の優しさ」は、心が満たされないと出てこない

やさしい人とは、心が満足している人である。加藤諦三「やさしい人」より

何日か前にもこのブログで書いたけど、
優しい人見えても、
「本当に優しい人」と「本当は優しくない人」がいます。

 

 

本当に優しい人は、自分の心が満たされている人。
満たされているからこそ、有り余っている愛情を人にあげたい。
あげたいだけだから、損なんてするわけないのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-34-32

 

でも本当は優しくない人は、心が満たされていない。
心が満たされていないから、自分の「優しさもどき」を餌にして、
相手の愛情とか評価を得ようとします。
それが得られて「あー安心、わたしには価値がある」と安心するのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-31-47

こういう人は、打算的。
周りから優しく見えるだけ。
って言うか、僕の半分もこんな打算野郎で出来ています。
「あげた分だけ返ってこなかった=損をした」
という気持ちになりがちです。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-15-45-59

「笑顔でいれば笑顔を返してくれるにちがいない
「自分が我慢すればいつか報われるだろう
「相手のためを思って行動すれば評価があがるっしょ

 

 

外面はいい人に見えて、
こんなこと考えながら行動しているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

損する「弱い人」とは、人の評価に怯えている人

だから僕は教授になるよ。確かなものが欲しいからな。
財前五郎 「白い巨塔」より

人の評価で満たされた心ほど弱いものはありません。
なぜなら、評価がなくなると自分の自信はすぐに崩れ去るから。
内心常に評価に怯えることになります。

 

 

だから常に評価を失わないように、
誰かに打算的に「愛情もどき」を与え続けないといけないし、
中には精一杯「優しい人」を演じる人もいます。
↓これをやり続けないといけない。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-16-31-47

 

 

でもそんな人に対して相手は、
思うようなリアクションを返してくれません。

 

「こんなに笑顔でいるのに嫌われる
「ずっと我慢してきたのに報われない
「相手のためを思って行動したのに何もお返ししてくれない

 

これが、
世に言う「優しい人は損している」の本当の姿。

 

「損してる」だなんて言って被害者ぶっているけど、
そもそも全然優しくないし!!
自分で勝手に盛り上がって勝手に損してるだけやし!!

 

 

 

 

「自分を優しい人だと思っている気弱な人」が一番損をする

彼らはその手足が弱々しくしぼんでいるので、自分のことを良い人間だと信じているのだ
フリードリッヒ・ニーチェ

 

僕は以前、人の評価に怯えていました。
弱々のチキンボーイだったのです。
でもそんな本心を隠して「優しい人」を演じていました。
本当は周りの人が嫌いだったし、本当は毎日がつらかった。

 

優しい人を演じ過ぎて、「自分は優しい人なんだ」と信じるようになっていました。
自分のことを「優しい人」と思うことが、自分へのせめてもの慰みになっていました。

 

つらいことがあっても「僕は優しい人だから」と、
いかにも成熟した人間である自己イメージを持つことで、
自分の心の痛みを隠していました。

 

 

でも本当はこんな風に感じていました。
「こんなに笑顔でいるのに嫌われる
「ずっと我慢してきたのに報われない
「相手のためを思って行動したのに何もお返ししてくれない

 

 

でもそんな自分の気持ちを隠していたから、損をし続けました。
無駄にエネルギーを使い続けたのです。
せめて「あ、打算で生きてるから損するんだ」と気づけたら良かったのに、
隠すから大損したのです。

 

エセ優しい人=大損
です。

 

 

 

 

まとめ

【新・優しい人論:優しい人は損をしない!】

・優しさとは「誰かのためを想うこと」
 愛情をプレゼントするのが優しさ

・プレゼントしているだけなのに、損なんかするはずがない

・損をするのは、打算で愛情を小出しにする弱い人

・弱さを隠すと損をし続ける

 

損とか得とか言ってる時点で、
その人の優しさは優しさなんかじゃないんですね。

「図々しい人が得をするよね」
「自分勝手なやつの方が幅をきかせてるよね」
とかこんな低いところの損得でものを考えてる暇があったら、
もっと充実した人生を送れるように頑張りたいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 - コミュニケーション