2歳になったらトイレトレーニング!苦闘と成功の体験談をご紹介

      2017/07/02

息子が2歳をすぎた夏の日。
妻が「そろそろトイトレしたほうが良いかな?」と言い出しました。

 

 

どうやら親御さんから「まだトイレでしないの?」と言われたことが、地味にプレッシャーになってたようです。

 

 

なんでも親御さんによると、僕たち夫婦が子どもの頃の時代は1歳すぎたらトイレにいかせていたというから驚きです。
しかし時代は変わり、今では2歳ぐらいからトイトレを開始するのが主流になってるようですね。
なので、僕ら夫婦もわりとのんびりしていたんですが…

 

 

さすがにそろそろ始めないとね
とちょっと焦った気持ちになっていました。

 

それから始まる、トイトレの苦闘と成功の歴史(笑)。

 

 

 

というわけで、今日は我が家のトイレトレーニング奮闘記を今日はお届けします。
僕たち家族の経験が、こんな人たちの参考になればと思います。↓

 

・今からトイトレを始める人
・トイトレ中で苦戦をしている人

 

 

 

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

最初のトイトレは…あえなく失敗

息子2歳3ヶ月。季節は夏。
トイトレにはもってこいの季節がやってまいりました!
濡れても風邪をひきにくかったり、洗濯物が乾きやすいとあって、あったかい季節がいいって言われてますもんね。

 

 

よっしゃ!トイトレやるぜ!

 

 

 

そこで、息子と一緒に補助便座(おまる)を買いに行くことにしました。
せっかくなので、こどもにおまるを選ばせることに。

 

 

これ!これ!

 

ちなみに今回買ったのは「ベビーレーベル おまるでステップ」

 

 

絶対にキャラクターものを選ぶと思っていたからこの選択にはびっくり。
子どもによって好みがあるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

と、こんな感じで気合を入れて「いざ、スタート!」と始めたトイトレですが…。
なんか上手くいきません。

 

 

コミュニケーションとれねぇ…

 

 

 

そうです、おまるでおしっこさせようにも、そもそもコミュニケーションがとれないと始まりません。
下準備もしてなかったし、いきなり始めてしまったんです。

 

 

今日からこっちでトイレしようね

 

 

 

???

 

 

 

 

2歳3ヶ月って微妙に意志疎通が図れないんですよねぇ。
言ってることが伝わらないと、トイトレって難しい!!

 

 

 

いや、もちろん僕たち親の怠慢もあるとは思います。
実際、今でも1歳からトイトレしている親御さんもいるようですし。
しかし、この時さらに夏風邪をひいてそれが長引いたので、トイトレどころじゃなくなってしまい、結局トイトレはしばらくおあずけに…。

 

 

2歳児トイトレのポイント①
トイトレは、言葉が分かるようになってから!

 

 

 

 

 

 

トイトレ再開!初回から大成功!!

そんなことがあって季節は冬をむかえ、息子2歳7ヶ月。
意思疎通がだいぶ図れるようになりました!

 

 

自分から「おしっこ出た」と教えてくれるようにもなったので、いざトイトレ再開!

 

 

今日からこっちでするんだよ〜

 

 

【この時のトイトレの内容】

・オムツはつけたまま
 ※トレパンは着用せず

・大人用のトイレの補助便座としてではなく、おまるに用を足してもらう

・「おしっこをしたくなったら教えて」と伝えておき、子どもがおしっこをしたくなったらおまるへ誘導する

 

そしたらなんと1回目で成功!

 

 

実は一回トイトレを延期した時から、地道に絵本でトイレについて教えたりしていたのです。
地道な絵本による教育と、子どもと意志が通じるようになったことが重なって、あっさり成功しました。
何事もコツコツするのが大事ですなぁ。

 

 

 

えへへへへへへ

 

 

僕らも嬉しかったので、超ほめまくりました。
その時の子どもの得意げな顔といったら(笑)
よっぽど嬉しかったのか、その日は3回もおまるで用を足すことに成功しました。

 

 

 

 

さらに次の日、保育園から帰ってきた息子が一言。

ほいくえんでトイレした

 

 

 

 

本当かどうか担任の先生に聞いてみると
「そうなんです!お昼寝明けにトイレに連れていったら2回くらい成功しているんですよ!」となんとも嬉しい回答が。

 

 

さらに、
「トイレにいくのがすっかり習慣づいてきました。オムツ外せるの早そうですね。」と言ってもらえて
これはトイトレ即終了フラグきた〜と思いました。

 

 

 

2歳児トイトレのポイント②
・「おしっこ出た」と教えてくれるぐらいになると、親の意志も伝えやすい

・事前に絵本などでトイレについて教えておくと、すんなり始めやすい

 

 

 

 

 

おまるで用を足さなくなった…。その原因とは?

でもトイトレって一筋縄ではいかないんですね。

 

 

トイトレ開始から2か月。
おまるにパッタリ座らなくなった息子。
どうやら保育園でもあまりトイレに行かなくなった様子。

 

 

 

え?なんでまたオムツにおしっこしてるの?

 

 

ほんまやね。「おしっこ」って言わんようになったな

 

 

 

 

原因はなんだろうか?とよくよくつきつめてみると、
「飽き」ってのが一番の理由だとわかりました。

 

 

もう飽きた

 

 

おまるの物珍しさから喜んでトイトレしていた息子。
さらに、最初はこれでもか!ってぐらい家でも保育園でもチヤホヤほめられていました。
それなのに、それが当たり前になってしまい、ほめられなくなったらやる気をなくしたんですね(笑)

 

 

 

2歳児トイトレのポイント③
こどもは、すぐ飽きる

 

 

スポンサーリンク

 

 

おまるでしないのを克服した方法とは?

どうすれば「飽き」を克服できるんだろう…?
そこで考えついたのが、ベタな方法ですがご褒美をあげること。

 

 

 

シール作戦
です。

 

 

そうです、なぜか異常にシールに執着する子どもの習性を利用した、物で釣る作戦です(笑)。
なんでシール好きなんでしょうね、子どもって。

 

 

 

【この時のトイトレの内容】

・子どもに好きなシールを選ばせる

・「ここでおしっこできたら、シール1枚あげる」というルールに

・思い切って大人トイレに補助便座セット

 

「子どもが自分で選んだシール」っていうのがポイントですね。
モチベーション上げてやらな。

 

 

 

 

大人トイレは子どもにとっては未知の領域。
以前も、うちの子どもは

ここ、こわいよー

と大人トイレを嫌がっていました。
そんな恐怖を克服できるぐらいの、モチベーションが必要です。

 

 

 

 

シール欲しさに頑張ってくれるかな?
との予想のもと、シール作戦が始まったのです。

 

 

 

 

そしたら…

 

 

息子のやる気に火をつけたようで1日で5回も成功!!

 

 

 

よっしゃーー!未来が見えてきたでー!!

 

 

 

 

そして保育園でトイレ出来た回数を聞いて、その分もシールをあげるようにしました。
今までさんざん「大きいトイレでするのは怖い」と言っていたのに、「ご褒美シール効果」だけであっさり克服したようです。

 

 

2歳児トイトレのポイント④
ごほうび作戦が効きました。

 

 

 

 

 

次はトレパンや!!→見事に超おもらし

トイトレはまだ現在進行中で、先日トレーニングパンツを買いました。
普通のパンツよりおしっこを吸収してくれる機能がついたパンツです。

 

 

息子の大好きな新幹線のトレーニングパンツを購入。
(3層タイプです)

 

 

さっそくはかせてみたところ遊びに夢中だったからか、まあ見事にもらしていました。

 

 

も、もれてるやないかーーい!

 

 

でも一度失敗したからか、息子も学習したようでそれ以来トレーニングパンツでおもらしすることは無くなりました。
「おもらしした時の不快感で、子どもはおもらししなくなる」は本当なんですね。

 

 

 

しかし、
おしっこはほとんど吸収されておらず(3層タイプは普通のパンツと変わらないぐらいではないか…)、これを外出先でされたらたまりません。

 

なので、
・絶対に外出しない時
・お風呂に入る前

トレパンはこんな時に履かせるようにしています。

 

 

6層タイプとかもあります

 

 

 

2歳児トイトレのポイント⑤
おもらしもトイトレには必要な経験

 

 

 

 

 

 

まとめ

まだ夜寝るときはオムツ使っていますが、昼間のオムツ使用はだいぶ減ってきました。
保育園でも積極的にトイレに行っているようです。
外出先でも子供用のトイレがあれば利用したり、トイトレ完了までもう少しって感じ。

 

 

ごはんを残したり、片づけをしないと鬼のように怒る妻も、トイトレに関しては寛大に見守っています。
子どもの自立していく姿。親としてはやっぱり嬉しい。
赤ちゃんの時の泣きまくっていただけの息子が、自分からトイレに行けるようになったのですから。

 

 

トイトレは子どもの自立の第一歩なのかもしれませんね。

 

 

 

【おさらい】

・トイトレは、おしゃべりができて意志が伝わりやすくなってから

・事前に絵本などで教えておくと、すんなり始めやすい

・飽きさせない工夫が必要

・もので釣る作戦が効いた

・トレパンでおもらしする経験も大事

 

 

 

実は今もトイトレ現在進行中。(2017年4月現在)
トイトレが完全に完了したらまたご報告しますね。

 

 

スポンサーリンク

 

【こんな記事もおすすめです!】

>>父親も育児ノイローゼになる!?原因と乗り越え方を育児ノイローゼになりかけたパパが考えた

>>育児中の妻の不機嫌は、やっぱり夫のせい!?→夫のせいでした

>>幼児は声が大きい…。ボリュームダウンのための6つの実験!

 

 

 

 

 

 - 子育て