会社を辞めたいけど辞められない人に、7回辞めた人が強引に語ります。

   

会社を辞めたいけど辞められない。
人手不足なのが申し訳なくて、最後の「辞めます」が言えない。
引きとめられて、なかなか辞められない。

 

もしかしたらかつての僕と同じように、あなたもそんな風にモヤモヤしているのかもしれません。

 

 

 

今日はそんなモヤモヤを少しでも整理してもらいたくて、
たくさん仕事を辞めた経験のある僕(7回)が、

「辞められない理由」と、
「辞めるための心の持ち方」を、
その経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

 

 

しかし、僕は簡単に仕事を辞めることをオススメしたいわけではありません。

 

 

なぜなら個人事業主を始めてみて「人を雇うことがどれだけスゴい事か」を身にしみてわかったからです。
また、人材の流出に悩む経営者の友人も沢山知っているから、
単純に「辞めればいいじゃん!」とは言えないです。

 

 

 

とは言え、
電通の一件の時に、辞めたいのに辞められないくて病んでいく人の心理を描写した漫画が話題になりましたね。
正直あの状態になっては遅いと僕は思います。
僕の友人は、仕事でうつになってしまいました。

 

 

 

 

だから今日、僕は…

「本当に仕事がしんどくてやばい人」

「どう考えても仕事に向いてない人」

「正直辞めた方が雇用主にとっても良さそうな人」


こんな人達が、心身が病んで身も心もボロボロになる前に、
ちょっとでも気持ちの整理に役立てば、と思って書きました。

 

 

 

 

て、わけで、
「入社3年目ぐらいでちょっと仕事が停滞期って程度の人」
「なんか辞めたいってだけの人」

は、逆に読まないでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

会社を辞めたい…が言えない理由

入社してしばらく経つと、責任も重くなるのが普通です。
新人を教育する人や、新しいプロジェクトのリーダーを任せられる人も出てきます。
そして家庭を持っている人だっているでしょう。

 

 

 

こういった中堅的な立場になると、本当に会社を辞めにくいのかもしれませんね。
で、そんな人がどんなことを考えてしまっているから辞められないのかと言うと…

 

 

 

こんな事考えてませんか?

・自分が辞めたら、誰かが自分の仕事をカバーしなければいけない。

・みんな忙しく働いているからこれ以上ほかの人に仕事を増やしたらダメだ。

・自分が我慢して辞めなければみんなが苦しくならない。

・自分は家族を養っていかなければいけないんだ。

・もし辞めたら、収入が不安定になる

・本当に自分の決断が合ってるかどうか分からない

・今までこの業界でやってきたのに、今さら畑違いの仕事なんて…

 

と、まあ山ほど辞めない理由なんてあるわけです。
まるでちょっと前のドラマ「東京タラレバ娘」みたいにタラレバ考えてしまうから辞められない。

 

 

 

で、その多くは、
「金が心配」「他人をガッカリさせたくない」かに大別されます。

 

 

 

言ってみれば、半分は損得勘定。

自分がいなくなって同僚が困ることを心配するより、
そんな同僚に失望されることを、実は心配していたりします。
「あいつ、裏切りやがった!」と言われたくない。

 

 

 

 

辞めさせたくない上司は、
ココの気持ちに上手く訴えてきます。

「君にどれだけ期待してきたと思ってるんだ」

「一緒に頑張るって約束したじゃないか!」

「再就職先なんてすぐには決まらないぞ」

「今のままの君では、これからも絶対壁にぶち当たる」

「君はこれからも絶対苦労する」

ね?こんなこと言われてませんか?
こんな事言われたら後ろ髪引かれますよね。

 

 

 

「辞めたいのに辞められない」と言っているあなた。
それは辞められないのではなくて、
無意識的にも損得勘定を働かせて、
「辞めない方がよい」と決めていたりするのです。

 

 

辞められない人は、
「職場の状況」をその理由にしますが、
意外と本当の理由は「なんか辞めづらい」といった「気持ち」が大きい。

 

そして、損得勘定で考える限り、物事はなかなか前に進まないものです。

 

 

 

 

 

こんな人に相談するから辞められない

それで、そのように悩んでいる時には、
相談してはいけない人、がいます。

 

 

それはどんな人か?

 

 

会社を辞めようかと迷っていたら、誰かに相談したくなりますよね。
友人でも家族でも「仕事辞めようと思ってるんだよね・・・」とポロっと言いたくなってしまいます。

 

 

でも相談してはいけない人がいます。
それは「職場の先輩たち」

 

 

まず、上司に次いで100%引き止めてきます。(あなたがよっぽどアホで空気が読めない人なら別ですが)
いや今までにないくらいの力で、辞めることを阻止されることもあります。

 

 

 

あなたが有能であってもなくても、会社にとって辞めてほしくない存在であることに変わりはないからです。
人件費って一番貴重なんですよ。
今や人材の流出は経営にとって重大な問題。
最近では人材じゃなくて「人財」とかよく言いますよね。

 

 

 

信頼している先輩たちだから相談したい!と思ってもやめたほうが無難。
うちの妻は良い意味でアホなので、前職の会社の先輩方5名ほどに相談してしまったようです。

 

その内のお二人からはこんなお言葉を↓

「みんなに相談してまわって引き止めてほしいの?!そういうの迷惑だよ」

「30歳間際で辞めても就職先なんて絶対ないよ!」

こういった言葉に、結局妻は号泣して辞めなかったそうです。
いや、辞められなかった妻。

 

 

 

ところでこのキツイいお言葉をくれたのは、
ブラック上司というわけでもなく、普段はふつーのいい人な感じの先輩だそうです。

 

 

当たり前ですが、誰も「辞めて良いよ」なんて簡単に言ってくれません。

手塩にかけて育ててきたかわいい後輩ですから手放したくない。
だから先輩たちには相談したくてもしないほうが「正解」なのです。

 

 

大好きな先輩たちをガッカリさせたくないですよね?
先輩たちの気持ちを知れば知るほど辞められない…。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

社会に「替えの効かない人材」なんていない

他人をガッカリさせたくないあなた。
失望させたくないあなた。

 

 

でも安心してください。
社会に替えの効かない人材なんていません。

 

アップルだって、ジョブズが亡くなったあとでも、ちゃんと会社あるでしょ?
そりゃージョブズがいたはずの未来と、今のティム・クックCEOが描く未来はちょっと違うでしょうけど、大きな目で見たら社会は回っているんです。
逆にジョブズがまだいたらアップルは潰れていたかもしれない。

 

 

「自分がいないとこの会社はダメだ」と思っているなら99%は妄想です。
僕も辞める前は「そこそこ」活躍していました。
しかし、辞めたいくつもの会社はひとつもつぶれていないし、辞めた会社には新しい人材が入っているようです。

 

 

仮にあなたが、日本で超珍しい資格を持っていて、会社の収益があなたのその資格に頼っていたとしても、辞めたら辞めたで経営者は次の収入の取り方を考えるだけです。
人材の流出は、常に起こり得る経営リスクであり、リスクに対して備えるのも経営の仕事で、あなたの仕事ではありません。

 

 

だから、
「本当に自分の限界を超えている」
「どうしても辞めないといけない理由がある」のであれば、

心も身体も思考回路も無理を重ねる必要はないはずです。
もう少し自分本位に生きても良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

実際に辞めてみた時の事をリアルに想像する

辞めようとすると、後ろ髪を引かれる思いや居心地の悪さを感じるでしょう。
それって、意外と今後の事をちゃんと考えていないから…、といったところに原因があったりします。

 

 

・次の再就職先決まってない

・仕事なくても生活していける貯蓄がない

・次に何をしたいのか決まっていない

これでは、
辞める=迷惑かけるし、お金なくなるし、つらいだけ
ですよね。

 

 

人はそもそも変化を嫌う生き物ですので、
先の見通しが立たないと、現状維持をしようとする(つまり辞めない決断をする)ものです。

 

 

 

だから、
ちゃんと先の見通しをリアルに想像してみてはいかがでしょうか。

 

 

・辞めたあとの就職先

・辞めたあとの家計の流れ

・辞めたあとの毎日の過ごし方

こんな感じで、
リアルに先々を想像します。
ノートなどに書いてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

恩送り。どこか別の困っている誰かの助けになる。

それでも後ろ髪を引かれるなら、
このように考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ペイ・イット・フォワードという考え方があります。
これは日本では恩送りと言うのですが、

誰かに受けた恩を、その人に返すのではなく、
また別の人に送るのです。

 

 

これは善意の連鎖をもたらすと言うことで、アメリカなんかで話題になっている考え方。

 

 

今までの職場から受けた恩。
残念ながら、直接お返しするのは難しかったのかもしれません。
しかし次のステージで、その受けた恩を、新しい同僚・新しいお客様に送ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

「社会に恩返しするんだ!」
そんな気持ちでいると、
きっとかつての同僚たちも認めてくれるのではないでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

【辞められない理由】

・状況のせいで辞められないのではなく、
自分の損得勘定がきっかけで辞められないこともある

・先輩に相談すると、余計辞めにくい

 


【辞めるための心の持ち方】

・替えの効かない人材なんていない

・辞めてみた時のことをリアルに想像し、
辞めた未来が明るいものにしていく必要がある

・今の職場で受けた恩は、必ず社会に返す!

 

 

 

 

 

 - お仕事