赤ちゃんのお尻に…これってカビ?早めに病院行かないとヤバい!?

      2016/12/31

赤ちゃんのおしりを見たらぶつぶつが沢山…。
おむつかぶれかな?と疑問に思った事はありませんか?

 

もしかしたら、それはカビかもしれません。

 

産まれたてほやほやの赤ちゃんにカビなんて生えるの?
と思うかもしれませんが、
カビが原因の皮膚炎があるようです。

 

今日はそんなただのぶつぶつではない、
赤ちゃんのお尻のぶつぶつについてまとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのお尻にはカビができやすい!?

150714130788_TP_V

5月の暑い日でした。
親戚の家に家族とお邪魔していた僕は、
そこの奥さんに、
「申し訳無いんですけど、その子のおむつ替えてくださるかしら」
と言われました。

 

ガッテン承知の助、
普段家でも息子のオムツ替えてるぜアピールをしながら、
その子のオムツを替えてみたんです。

 

 

ひ、ひぇええーーーーー!

 

 

でしたね。
 
 
 
おむつの形に沿うように、
お尻いっぱいに真っ赤なぶつぶつが、
ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつって。
 
 
 
 
「あ、ごめーん、言うの忘れてた。ウチの子かぶれてるのよね」
「これ、かぶれてるどころじゃない感じやぞ!?」
「うん、病院でカビの一種って言われた」
 
 
 
 
どうもカンジダ菌と言う菌が原因なのだそう。
乳児寄生菌紅斑というそう。
 
 
乳児寄生菌性紅斑はカンジダアルビカンス(Candida albicans)という真菌(カビ)が原因で生じます。
※引用 大阪小児科医会
 
 
 
カンジダ菌は消化器や皮膚など人間の体の常在菌で、
どこにでもいるありふれた菌。
抵抗力が弱っていないと、体に悪さしたりはしないのだとか。
 
 
 
 
 
しかし、
赤ちゃんはちょっと僕たち大人とは異なります。
 
 
 
 
おむつの中はムレっムレ。
便やおしっこが肌にダメージを与え続けています。
 
さらに、赤ちゃんのお肌は未発達で、
ダメージを受けやすいようなんですね。
 
 
すぐ、荒れますよね?赤ちゃんって。
ウチの子は大分大きくなりましたが、
未だに湿疹やらあかぎれがしょっちゅうできます。
 
 
 
 
 
さらに忙しいお母さんは、
ついおむつ替えの時のおしり拭きが不十分になりがち。
 
 
 
 
その結果、皮膚のバリアー機能が破られてしまい、
カンジダ菌が悪さをするそうなんです。
 
 
 
 
 
 

ただのかぶれじゃ無い、このかぶれの症状

abb9ab5ec8c764f68c137dc30fed157b_s

その症状は、
おしりのしわにまで到達する勢いの、
赤いぶつぶつ。
さらに皮がめくれてくるようです。

 

 
 
ただのかぶれとの違いは、
このしつこさと言うか、ぶつぶつの勢いのすごさのようですね。
この子は、お尻の割れ目も、太ももの付け根のしわにも、
びっちりぶつぶつになっていました。
 
 
ただのかぶれでは、おむつと触れないような体の箇所は、
あんまりかぶれたりしないそうです。
 
 
さらに、
その時は分からなかったのですが、
炎症の周りは、膿を持ったぶつぶつになっていくそうです。
 
 
 
 
 
おむつ開けた時、正直震えました。。
 
すげぇ…ってなりました。
しばらく、ウチの妻と赤くなったおしりの鑑賞会でした。
うーん思い出しただけでゾワゾワする(失礼)。
 
 

 

スポンサーリンク

 

 

 

基本病院行けば大丈夫らしい。もし行かないと…

c2207037a011e694663395652d71b653_s のコピー

とは言え、自己判断は禁物!
僕の親戚も自己判断して、適当な塗り薬塗っていたら、
 
 
 
めっちゃひどくなったそうです。
ただのかぶれに対する薬と、カンジダ性の皮膚炎に対する薬は、
まったく違うものだそうです。
 
 
一般的におむつかぶれ用の軟膏には、原則ステロイドが入っていません。しかし即効性に対する期待が高いため、市販のものであってもわずかに入っている物があります。ステロイドは皮膚自体の免疫反応を抑えて炎症を鎮めるものです。カビがついてしまったにも関わらず免疫反応を抑えてしまうと、カビはどんどん増殖してしまうのです。※白くま先生の子ども診療所より引用 
 
 
 
 
 
病院で、
「あんたな!母親やったらこんなにひどくなったら、ただのかぶれちゃうって分かるやろ!」
と年配の先生に怒られたそうです。
 
 
 
育児にちょっと疲れていたので、
診察室で涙目になったそうです。
年配の先生ってハッキリ言う時あるよね…。
 
 
 
なので、
早めにちゃんと病院行って、
症状に合ったお薬もらえば良かったですね…。
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

たかだかかぶれで、
いちいち病院なんか行ってられんわい!
かもしれませんが、
大人よりよっぽど弱いのが赤ちゃん。
親戚の子も、まさかお尻にカビが生えるなんて思ってもみなかったそうです。
 
 
注意してみてやって下さいね!
 
 
 

 

【こんな記事も役に立ちます!】 

赤ちゃんに、蚊取り線香は大丈夫なのかとスゴく気になったら…
【注意】赤ちゃんのプール熱は、発熱や目ヤニで見分けられる!?
2歳の息子が便秘がひどくて毎回泣くので、パパ解決策考えてみたんだから。
実録!ワーキングマザー、フルタイムに挑戦。その理由と工夫した事とは…

 

スポンサーリンク

 

 - ヘルスケア, 子育て ,