comicoの人気育児漫画「ばぶらぶ」の概要と感想!子育て辛い時にオススメ。

      2017/11/23

子を持つ親になって、この世に育児本があふれているように、育児漫画もたくさんあることに気づきました。
その中でも、漫画アプリcomicoで連載中の「ばぶらぶ」がめっちゃおもしろい!

 

 

 

基本1話ずつ完結のショートストーリー。
スマホ縦スクロールの漫画だからさくさく読めるのに、子育ての勉強にもなってしまう。

そして子育てが辛い時の心のオアシスにもなってしまう。

 

そして…

 

うんうん!分かる分かる!!
すっごい分かる!
子どもってこんなことするよね!!

 

の連続です。
オンパレードです。
我が子が産まれた年に、漫画の連載が始まったので、
ばぶらぶの『瑛太ぷー』(っていう赤ちゃんが登場する)と一緒に、我が子も育っていっている感じです。
妻はなんとしても作者のさやえんどうさんとママ友になりたいそうです。

 

今日はそんな大好きな漫画「ばぶらぶ」の魅力を、心を込めてご紹介したいと思います!

 

 

 

 

※【ちなみにcomicoってこんなサービスです】

毎日更新される、オリジナルな新作漫画や小説などが、
楽しめるスマホのアプリサービス。
アニメ化や映画化されたサービスも有り!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

こんな夫婦に「ばぶらぶ」はオススメ!

勝手なオススメですが(笑)、
「ばぶらぶ」はこんな育児中のご夫婦にオススメではないかな?と思います。

 

 

・育児が大変すぎて、ギスギスしている方

・夫婦のコミュニケーションがうまく取れていない方

・誰かと育児の悩みについて喋りたいような方

 

 

まさに我が家がこんな感じだったんですけどね(笑)。
我が家にとって、息子くんの誕生はすっげーしんどい育児の始まりでした。
下に弟も妹もおらず、やんちゃな男の子に初めて出会う妻にとって、
「幸せ、だけど地獄」そんな毎日だったのです。

 

 

ストレスを溜めすぎた妻は、
僕にストレスをぶつけたり、逆に僕もどうしていいか分からなくなって怒っちゃったり、悩みは尽きなかったです。
「育児ってなんてつらいんだ」と。

 

さらに、そんなにつらいのに、
友達関係を作るのが基本下手な妻は、誰にも育児の悩みを打ち明けられませんでした。

 

 

 

でも、この「ばぶらぶ」からは育児のヒントを沢山もらうことができました。

 

「ああ、子どもがこんな状態の時はこうすればいいのか」

「そうか、夫婦ってもっと気楽でもいいのか」

「そんなに怒らなくても大丈夫なのか」

 

色んな学びをこの漫画から得ました。

そして、
「同じような想いをもって育児していた人がいる」そう知るだけで、
人付き合いが下手な妻には救いになっていたのです。

 

 

 

 

男性(夫)にもオススメ!

個人的には、特に男の人にも読んでほしいなあと思います!

 

僕たち男性って、
妻のこんな姿をよく知りません。

 

・妻が育児でどんだけ大変か

・どれだけヘトヘトになっているか

・子育てのどんな点に妻はイライラしているのか
(あんまりさやえんどうさんはイライラしないキャラですが)

・逆にどんな事が育児中感動したり、嬉しかったりするのか

 

日中仕事でバタバタしてあっという間に夜を迎える僕ら男性は育児の現場に長時間触れてないし、
なかなか妻と同じ立場・目線で育児参加することが難しいです。

 

 

しかしここが漫画のすごいところで、
可愛らしい単純な絵なんですが、感情が伝わってくるし、
「ああ、ママってこんな風に考えてるんだ」と知ることができます。

 

だから、この漫画を読むことで、
少しだけ妻との距離が近くなるんですよね。
だから、この漫画を夫婦で読んでいます。

 

 

 

 

 

実は18年前のお話!だから説得力がある

なぜ私たち夫婦と同じ目線であるはずの育児漫画なのに、
こんなに育児のヒント満載なのかと言うと…

 

2017年10月現在、3歳2ヶ月の瑛太くんの日常が書かれているのですが、実は瑛太くんの本当の年齢は現在18歳!
あとがきでは、高校を卒業して一人暮らしをはじめたことが書かれていました。
実に、このばぶらぶ、18年前に産まれた瑛太くんの育児のことが書かれているのです。

 

作者のさやえんどうさんがつけていた「育児日誌」をつけていたそうで、
日付の横に可愛いイラストとコメントが書かれていて、それを振り返りながらばぶらぶを書いているようです。

普通は文だけの育児日記が多いと思うのですが、イラストがあることで当時のことを鮮明に思い出せるのかもしれませんね。
時代が変わっても子育てで体験することは同じで、現代の子育て世代のママ・パパが参考に出来る育児ネタが満載です。

 

 

言わば、「ばぶらぶ」は先輩ママから贈られる育児の参考書です。
だから勉強になるんですね。

 

 

 

 

 

 

登場人物が可愛すぎる!!

 

「ばぶらぶ」に登場するキャラクターは、
みんな優しさいっぱいで、なんだかのほほんとしてしまう人達ばかり。
ぜひお会いしたくなってしまいます。
以下が、子育て奮闘記を彩る、可愛すぎるメインキャラ達です。

 

さや
えんどう家のママ。
24歳で出産・育児を経験しており、愛情豊かで言葉の表現力や想像力もとても豊かな人物。
感謝の心を忘れない、おおらかなママ。
だからと言って自分の妻に、
「ほら、さやえんどうさんみたいに優しくなりなよ」
なんて言ったらダメです。

 

マッキー
えんどう家のパパ。
一見ボーッとした超天然癒し系キャラだが、根はしっかりと色々なことを考えていると思われる(多分)。
一家の大黒柱。

 

瑛太
えんどう家の長男。
赤ちゃんの頃の呼び名は「えいたプー」シンプルフェイスだが、読者をとりこにする愛されキャラ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

瑛太くんと我が子が、一緒に成長している感覚になります

2014年12月から連載がスタートしているばぶらぶ。
2017年10月には3歳の瑛太くんの様子が書かれています。

 

丸3年かけて子育ての様子が書かれているので、なんだか瑛太くんの成長を身内として一緒に見守っているみたいでした。
そして我が家の一人息子も現在3歳ということもあり、本当に瑛太くんと一緒に成長してきたような感覚なのです。

 

イヤイヤ期やトイトレのこと
食べ物の好き嫌いのこと
こどものちょっとした成長に感動すること
電車ごっこや変身ごっこのこと
夢中になったら一点集中でその場を動かないこと

 

などなど、

 

「あ~わかる、わかるよ~」って何度もうなずきながら読んでしまいました。
我が家の一人息子と似ていて、共感してしまうのです。

 

「これ、うちの子も同じことするよね〜」

 

「するよね〜」

 

 

もしかしたら、あなたも我が子の姿を重ねて楽しめるかもしれませんね〜。

 

 

 

 

 

心に残ったエピソード

そんな「ばぶらぶ」の中でも、
特に心に残ったエピソードをご紹介いたします。
とは言え、最初から読む方がいいかもしれませんが(笑)

子育ての悩みは人それぞれなので、
自分の心にグッと来るストーリーが見つかるかもしれませんね。

 

 

100すくすく 夫婦のつくり方

確かにこの回は特に良かった!

 

家族に相談もなく勝手に復職と転勤を決めてしまったマッキー。
私たちはあなたの付属品じゃないと怒ってベランダに飛び出してしまったさやさん。

そこに瑛太くんが来てくれて、
なんとも微笑ましい家族の交流が始まります。

 

 

子どもは子どものままじゃなくて、
いつの間にか、人を思いやることができて、人の痛みが分かるようになって、
そうやって大きくなっていくんだね…
あかん、思い出したら泣けてきた。

子にイライラすることもありますが、子どもは私たち親が落ち込んでいる時に元気を与えてくれる存在でもあるんですよね。
私たちが与えたもの以上に、子どもは返してくれているんだと気づかされます。

 

こうやって、
家族は徐々に本当の家族になっていくんだねぇ(しんみり)。

 

 

 

 

138すくすく 瑛太への願い

3歳の瑛太くんの誕生日。

さやママはマッキーパパに、
瑛太くんがどんな風に育って欲しいかを問いかけます。

 

そこで、男性ならではのある意味厳しい意見を言うマッキー。
大変な仕事を一生懸命頑張っているマッキーだからこその意見かもしれません。

 

うちの妻は、「ちょっと母親的には厳しい意見やなー」と思ったそうですが、
目先のことだけでなく、5年後、10年後の未来のことを考えるのが父親の役目なんですね。
マッキー、勉強になったぜ!ありがとう!!

 

 

 

 

 

「あとがき」も、ためになる!!

作者のさやえんどうさんは何度も引っ越しをされています。
海外や知り合いがいない土地での子育てを経験されています。
きっと計り知れない苦労や心穏やかではない日々、泣きたくなる日々もあっただろうと思います。
そして、子育ての時期は忙しすぎるのです。心に余裕がうまれる隙間も無いのです。

 

しかしながら、
そんな大変さの中で、幸せを見出していたさやえんどうさん。

 

そんなさやえんどうさんの濃い本音が書かれている、
「あとがき」も実は隠れた必見ポイント!
じわーーーーーんっと胸に響いてくるのです。

 

もうね、酔っ払って帰ってくる旦那さんに読ませてあげてください!笑

 

 

 

 

 

まとめ

我が家の一人息子もこれから漫画の中の瑛太くんと一緒に、すくすく成長していってほしいです。

子育てと親育ちの両方を教えてくれる漫画「ばぶらぶ」。
今までばぶらぶの言葉に支えられることや励まされることが多くありました。
これからも漫画ばぶらぶを読んで、子育てを大いに楽しんでいきたいと思います。

 

 

「ばぶらぶ」まとめ

・子育てに悩んでいる夫婦にオススメ!

・男性にもオススメ!

・実は18年前の回顧育児録マンガ

・登場人物が可愛すぎる。
 絵も可愛すぎる。

・育児あるある満載のマンガ。
 一緒に成長している感覚になる

・自分の心にグッとくるストーリーを見つけよう

・「あとがき」も実は面白い

 

 

スポンサーリンク

 

【こんな記事もオススメです!】

共働きなのにワンオペ育児!夫婦喧嘩を終わらせるためには、夫婦会議!

幼児は声が大きい…。ボリュームダウンのための6つの実験!

育児中の妻の不機嫌は、やっぱり夫のせい!?→夫のせいでした

波長が合う人とは、こんな人。素敵な相手の見つけ方は1つだけ。

 

 

 

 

 - 子育て