コインチェックの取引や出金再開のタイミングはいつ?自分のお金は引き出せるか!?

      2018/01/31

コインチェックの一連の出来事…

NEM財団が、「盗まれたNEMを追跡できるようにしたよ!」と発表しましたが、
追跡はできてもNEMが戻ってくることが決まったわけではありません。

 

 

が、ビックリですね〜
まさかのコインチェックが「自己資金」で460億円を返金することになりました。

やっぱり仮想通貨の一時代を作った存在ですから、
さすがの体力ですね。

それに伴って、
夜中に相場爆上げ!!

 

 

んん??580億円じゃなかったの?
と突っ込む声もありますが、戻ってくるのでよしでもええやないか、とかも思ってしまいますが…。
(取引停止からリリース配信までの期間の出来高の加重平均を使って算出するらしいです)
なんかモヤっとする発表です。

 

 

そして、
コインチェック側は「経営を継続する方向で」とのことです。
倒産という最悪の事態は免れる公算が高まりました。
もしかしたらしばらくしたらコインチェックの取引制限が解かれて、出金ができるようになるかもしれない。

 

 

と、なると気になるのは、
いつ、コインチェックは、取引を再開させるのか?

ですよね。
お金戻ってくるといっても、
自分の銀行口座ではなくコインチェック内のウォレットですからね。
そのまま取引継続したい人もいれば、
引き出すなどお金を動かしたい人もいるでしょう。

 

 

 

あくまで仮定の話ですが、
取引・出金再開時期の可能性を考えました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

セキュリティ的に制限解除は現実的なのか?

仮になんとか事態が落ち着いたとしましょう。
仮にお金も戻ってきて、多少の信用を取り戻したとしましょう。

 

しかし、
その場合でもすぐに取引制限を解除するのは現実的なのかな?
と心配になってしまいます。

 

 

今回NEMが盗まれた原因のひとつに
「コールドウォレットではなくホットウォレットに保管していた」
というセキュリティ上の甘さが指摘されています。
コールドウォレットって、インターネットから完全にオフラインで、言ってしまえば外からは触れることのできないお財布。
ホットウォレットって、オンライン上にあるお財布なので、言ってしまえば「コインチェックより腕が達者なハッカーがいれば盗めてしまう」ことになります。
そんな事もあって「セキュリティ甘かったんじゃないの!?」と言われちゃってるわけです。

 

 

 

一般的に言って、
サイバー攻撃をしかけてくる人が特定されていれば、
特定のIPをブロックすればいいだけなんですが…。

 

「セキュリティ甘かったの、そこだけ!?」
と疑っちゃうのって、多分僕だけでないはず。

 

当然(可能性としてですが)他のセキュリティの穴もどっかにあるかもしれなくて、
そこを狙う別のハッカーがいる可能性だってあるかも。

 

取引再開したはいいけど、
その翌日に別のアルトコインが抜かれてもたー!!
なんてなったら洒落になりませんよね。

 

 

 

と、すると
次再開するために、
セキュリティをもっともっと万全に整えてくるんじゃないかな?

 

 

企業規模としてもっと大きい、
金融・証券会社のSBIがオープン予定の、
SBIバーチャルカレンシーズはオープンが伸び伸びになっています。
その理由の一つは「セキュリティ上強固なものができあがって、大丈夫って思えたらオープンする」ってことらしいのですが、
12/22に「オープン延期しますわー」とホームページに掲載されてから一ヶ月近く経っています。

あのどでかい企業のSBIですら、時間がかかるセキュリティ対策なのです。
大事があった後なのでコインチェックは慎重にならざるを得ないでしょう。

 

と、こんな仮定が正しかったとすると、
取引再開はやはり少し後になるかもしれません。

 

 

 

 

今オープンしたら、一斉に出金に走るんじゃないか?

まあ仮にですが、
仮にセキュリティ上の問題もクリアできていて、
「よっしゃ、取引再開や!」と、取引再開をしたとしたら…。

 

 

たぶん、
多くの人が一斉に他の取引所か自前のハードウォレットに逃げますよね。
昔からのファンや使いやすいUIが好きっ!って人は残ると思いますが、
信用を失った人は、使い続ける理由がない。
RippleもNEMも他の取引所で買えるからです。

 

いくら顧客資産と運営資金を別に分けて運営しているとはいえ、
極度の顧客離れは、取引所の運営に影を落としかねません。

 

 

なので、
単純に「もう大丈夫!今から取引オッケーよ!」と簡単には行かないと思うんですよね。
ただ、事件起きてから今までの対応見る限り、すっごい誠実な感じはするので、急いでやってくれるとは思いますが、
慎重に調整して、タイミングをみたりするんじゃないかと考えちゃいます。
まあ、これも仮の話ですが…。

 

 

 

 

金融庁はオッケーしてくれるのか?

もしかしたらこんな事が起こった際の法整備は進んでないかもしれませんが…
580億円が流出したとなったら、かなりの問題です。

 

って思ってたら、
やっぱり業務改善命令の行政処分出るみたいですね。
そりゃ、ちゃんとセキュリティやってなかったかもしれない上に、みなさんの資産が大規模に無くなりかけたんですから、
当然と言えば当然かもしれません。

お国がしっかり調査し、精査し、となると…
やっぱりその分もちゃんと時間がかかりそうです。

 

 

営業停止とかにはなりませんように…

 

 

 

まとめ

良くも悪くも、
色んなサプライズが次々に起こる世界なので、
意外と早く再開するかもしれませんが、

 

個人的には気長に待とうかねぇ、と思っちゃいます。

 

今までの体制にセキュリティ的な穴が無いかチェックし、
NEMのホットウォレットの件などのように穴があったら、そこに設備を追加するなり人員を追加するなりし、
オペレーションを決め、プレスリリース内容を決め、
メディア対応をし、
26万人もの莫大な人分の返金対応をし、
金融庁の指示に対応し、めんどくさい書類出したり、書類が突っ返されたりし、
それが余計対応を遅くさせると分かっていない「早く再開しろ!」との電話に対応し、
嫌気がさして辞めてしまう社員の対応をし、
今までの既存のシステムも維持管理し、
迷惑をかけた大口取引先に頭を下げに行き…
などといった一連の応急処置的な流れだけで、
1〜2週間なんてあっと言う間に経ってしまいそう。
普通に考えても応急処置対応だけでも数週間かかるのでは?と思ってしまいます。
逆にあんまり早くオープンされてもそれはそれで心配…。

 

追記:
コインチェックから正式に発表があるようですね。

 

 

大金入れてた人は値動きで資産の増減が半端ないし、
上がった時に利確もできないので気が気じゃないでしょうけど…。

 

とは言え、
仮想通貨の一時代を創るのにコインチェックが貢献したのは紛れもない事実。
ふんばりどころとして頑張って欲しいです。

 

 

 

 

 - お金の話, 気になるあの話題