メンターを探す方法。実はメンターはすぐそばにいる!?

      2017/11/23

自分の価値観と考えの延長線上にいて、でもずっとずっと先を走っている、そんな憧れの存在。
そんな人が自分を導いてくれたら!色々教えてくれたら!どんなに自分は道に迷わず済むだろう!

とは言え、
社会に出てからは、自分の師匠、すなわちメンターは自分で見つけるしかありません。
今回はメンターを探す方法についてまとめました。

 

後半、僕が出会ったメンターも登場します。

 

ではどうぞ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

人生の大事な事は、他人が教えてくれる。

47f69352e44b488364f9c74ddefff0d6_s

自分のできることなんて、たかが知れている。
自分の実力だけで実現することなんて、一体どれだけ小さいことだろう。

 

ここに気づくことがどれだけ重要か。

 

 

例えば、ビル・ゲイツ氏にはポール・ガードナー・アレンと言うメンターがいました。
彼の説得がなければ、マイクロソフト社は存在しなかったそうです。
ゲイツはハーバード大学をなんとなく中退し、人生を退屈だと嘆くエンジニアになっていたかもしれません。

 

大投資家である、ウォーレン・バフェット氏には、ベンジャミン・グレアムと言う「ウォール・ストリートの最長老」と言われる、バフェットの育ての親がいました。バフェットは父親の次に彼の存在は偉大だったと述べています。

 

 

世界に名だたる人物でも、
決して独力で築きあげたのでは無いのですね。
彼らが持つ華々しい業績や知恵の多くは、他者からもたらされたのでしょう。

 

内なる可能性を信じてくれて、
的確にアドバイスをくれて、
時に力強く指導してくれる。

 

対話を通じて心から向き合い、
仕事上のテクニックだけで無く、
心や未来への可能性まで、まるごと引き出してくれるような存在…「メンター」がいたんですね。
※業務上で使われる意味のメンターはもう少し意味合いが狭いです

 

 

自力だけで世の中を渡って行こうと言う謙虚さが無い人には、
メンターは現れません。

 

 

 

自分自身とやりたい事を知ると、メンターに出会える。

c8084069d6ef6bbb8ed681cd3ee1fcb6_s

なんとなく生きている人にもメンターは現れないようです。

 

・自分はこういう人生を歩みたいんだ!
・自分はこのような仕事の実績を上げるんだ!
・自分の理想のライフスタイルはこんな感じだ!

 

と言う具体的な将来のイメージが必要です。
何が自分にとって、幸福なのか。

 

 

さらに、

・しかし今自分は少し理想とは違う人生を歩んでいる
・自分の仕事のスキルはこれぐらいしか無い

 

と言った、
目標に対する現在地を知る必要もあります。

 

 

なぜなら、理想と現在地のその差の中に、
今自分にとって足りないもの
が見えてくるからです。

 

 

足りないものが明確だと、
その足りないものを持っている人が誰なのかも分かるようになります。

 

 

自分よりずっと先を行っているその人こそ、
メンターになり得るのです。

 

 

目標をイメージするのは意外と簡単かもしれません。
難しいのは、自分の現在地をありのままに受け入れること。

 

誰しも自分が、
大したことができないちっぽけな存在だなんて思いたくないですもんね。

 

しかし、自分をありのまま受け入れられないと、
今本当に自分に足りないものが見えてきません。
そして、せっかく人生の大事なことを教えてくれるメンターを見逃すことになるのです。

 

 

自分にとっての幸せをイメージし、
そして自分の現在位置をありのままに知りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

メンターを探す方法

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

だいぶメンターを探す方法が見えてきました。

 

対話を通じて、心からあなたと向き合い、
仕事上のスキルだけでなく、あなたの心と未来の可能性をまるごと信じて
引き出してくれる存在。それがメンターでした。

 

そして、そんなメンターに出会うためには、
・自分にとっての幸せや成功とは何かをしっかりと知る
・その上で自分の現在地を知る
・今自分に足りないものを明確にする
と言うことが必要でした。

 

もし自分がそのような状態になると、
なにが起こるか?

 

 

僕の場合、

メンターは自然に現れました。
心がまるで引き付けるように。

 

 

 

「なにもかも完璧な師匠だ!この人こそメンターだ!」と言う、
100%完全なメンターに出会えるのは、稀なことでしょう。
それこそ、めちゃくちゃ幸福です。

 

しかし、自分が謙虚に自分の現在地を受け入れ、
幸せや成功に向かって素直に心を開いたら、

 

 

今まで目の前で素通りしていた人が、
実はメンターだったと気づいたのです。

 

ちょっと大げさな言い方をすると、
世界が自分に心を開き返してくれたような感覚を覚えました。
本当はみんな、いろんなことを教えてくれる存在なんだなーって。

 

 

 

 

僕がイメージする幸せと、出会ったメンターたち。

f5483826c9f7dc23f66e3e931c4700da_s

人によって異なる幸せの定義。

 

僕は、毎日をささやかな喜びを感じて生きていける自分でいたいと思っています。
そして社会に対しては、
過剰な消費主義な状態から脱却し、もっと人と人が愛し合い、それぞれが自分らしく生きていける状態、人と人が本来の意味で尊敬し合える社会になるように自分には何ができるかを常に考えています。

 

そんな理想から見た自分の姿はこうです。
強い刺激じゃないと満足しない愚かな自分がいて、
つい、誘惑に負けてものを買い込みます。たまに人への怒りで寝つきにくかったりもするし、自分を犠牲にして対人関係を保っていると言う劣等感もあります。

 

僕にとって今足りないことは、
自分の心を知り心を落ち着かせるための具体的なメソッドです。
そして自分らしくカッコ良く生きている人の生き様を学びたい。
さらに、ビジネス上のスキルとして、お金の稼ぎ方を教えてくれる人も必要です。

 

 

僕は一時、
僕の幸せについて
「よし!俺はこうやって生きよう!」
と腹をくくったかのように強く決意しました。

 

そして、
僕が足りないことに対しては、
「なんとしてもこれを知りたい!こんな人に出会いたい!」
と強く願いました。

 

 

そしたら、

 

近くにいました。
めっちゃ近くに。
なんで気づかなかったんだろう。

 

僕が出会ったたくさんいるメンターのうち、
主なメンターはこんな人たちです。

 

 

DJ兼、カフェオーナー兼、放浪家

人と人が愛し合うこと。本当に人が心を通わすのはどういうことか。
信頼し合う男同士の本物のビジネスとはどういうものか。
そんなことを教えてくれる人です。
15歳も年上なのに僕が謙遜したりすると、
「何言ってるんだ、友達じゃねーか」
と言ってくれます。その時の眼差しが本気の眼をしていて、
毎回嬉しくて泣きそうになります。

会社のBOSS

僕に謙虚さを教えてくれた人です。
下手に実績を上げたばっかりに、
すっかり周りを見失っていた僕に対して、
辛抱強く語りかけてくださいました。

「お前な、どんなつまらなさそうな相手でも、少なくともたったひとつだけでもお前より優れている事が必ずあるんやで。そう思って目の前の相手と向き合ってみろバカヤロウ!」

自分はデキるんだ!と傲慢で、人の話もロクに聞かない僕に対して、
この人が僕に言ってくれた言葉でした。
そんな鼻持ちならないガキに対しても、
その傲慢さまでも汲み取って言ってくれた優しい言葉だったのです。

 

テクニカルなスキルを教えてくれるメンター

このスキルがあれば、もっと俺の想いは実現できるのにな…。
とグルグル考えていた時、
いきなり現れたのがこのお方。

しかも最初から近くにいました。
僕の必要とするスキルを実は持っていたのですが、
それまでは全然知らなかったのです。

 

この時ばっかりは「引き寄せの法則」を完全に信じてしまいそうになりました。
願ったら現れるって…。スゲー!

 

 

……。

 

まだまだたくさんいます。

妻だってメンターです。僕は妻の在り方がすごく好きです。
息子もメンターです。自然な感情とは何かを教えてくれます。
実家の犬のハナちゃんもメンターです。
僕のブログによく登場する小池龍之介さんやホリエモンさんもメンターです。

 

 

 

 

まとめ

ある日決意をして、
自分を知っただけで、周りに急にメンターが現れました。

メンターを探す方法は

もっともっと自分を知っていき、
もっともっと世界に心を開けるような自分であることだと思います。

そのためには、
自分をありのまま知る勇気と、
辛抱強く目の前のメンターを信じてついていく必要があります。

 

もしかしたら、大富豪とかが人間がでっかいって言われるのって、
そんな勇気と粘り強さを持っているからなのかもしれませんね。

 

【こんな記事もオススメです!】 

どういう人生を送りたいか、を自分から引き出す6つの方法

「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」自分らしく生きる為の本!

質素な大金持ちを見習って、質素になったらどうなるのか実験。

コーチングとメンタリングの違いを3分で簡単解説。

波長が合う人とは、こんな人。素敵な相手の見つけ方は1つだけ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - お仕事, ライフスタイル