遠足なのに明日は雨。服装は何着させよう?持ち物は?と迷った時には…

      2016/09/24

明日は子どもが楽しみにしている遠足。
…がしかし!天気予報を見たら明日は雨!!
遠足のしおりによると、雨天決行って書いてあるなぁ。

 

遠足は行く場所や学校のスケジュールなどによって、
雨天でも決行されることがあります。

 

さて、子どもにはどんな服装で行かせて、
荷物には何を持たせましょうか?
悩みますよね。動きやすく楽しんでほしいけど、
雨にうたれて風邪などひいて欲しくもない。

 

 

 

今回は、
「雨の日の遠足」について、
基本となる服装・持ち物のヒントについてまとめました。

 

明日、遠足先で楽しんでいる我が子の顔を想像しながら、
ぜひ親心を100%発揮して準備してあげてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

雨の日の遠足の服装、持ち物はコレ

da3b994f4854ea605e4859bbeb33744d_s

基本的な雨の日の遠足の持ち物はだいたいこんな感じです。

 

・雨合羽やウィンドブレイカーなど、
 撥水効果のあるアウター

・靴はあえてのスニーカー!?

・ズボンはあえての半ズボン!?

・タオルは2枚程度

・着替えは結構大事

 

な、なんで半ズボン…??
それぞれ理由があります。
以下に説明しました。

 

 

 

 

傘は持っていくべきかどうか

傘があれば大丈夫!
って言いますが、それは大人の感覚。

 

体が小さくて走り回って、
という子どもには傘は大人が思う以上に邪魔になるもの。

 

そして回りのお子さんの足をひっかけたりと
危ない思いをしたり、
せっかくのお気に入りの傘を忘れてきちゃった、
なんて心配もあります。

14360474_1141256202617817_306024739_o

↑これは極端な例だけど、
こんな子たちがたくさんいたら、
危なっかしいですね。かわいいけど。(笑)

 

 

元気な子どもは雨合羽やウィンドブレイカーでも充分。
リュックごと覆ってくれる大きめのカッパもあります。
心配なら荷物の中に折りたたみ傘を忍ばせておきましょう。

 

 

 

頭はどうやって守る?風邪を引きやすいポイントです。

頭はしっかりとガードすべし!

 

頭にはたくさん血がかけ巡っているので、
頭を濡れっぱなしにしていると、

体が冷えやすくなり、風邪をひきやすくなるのです。

 

 

で、さきほど書いたように傘は持っていかないので、
どうやって頭を守るかというと、

 

雨合羽やウィンドブレイカーのフードです。
もちろんこれで充分守ってくれますね。
カッパのフードとか大きいですしね。

 

が、しかーーーし、
「ダサい」って言ってかぶらないお子ちゃま達多数!
例えかぶっても、走り回ったらすぐに風で後ろにはだけることに…。
難しいなぁ…子ども心ってやつは…。
しかし風邪ひかれても困るし…。

 

なに色気づいてんだ!!
と思ってもかぶらないものはかぶらないので、
そう言う子には帽子を持たせましょう。

頼むから、
帽子ぐらいは被ってよね…。

 

 

 

長靴は履いていかせるかどうか

4efa898f29df56bd03e407ef061e01e9_s

雨といえば長靴でしょ!
最近はレインブーツとかカッコイイ言い方もするし!

って言うのも大人の発想。

 

長靴って、小さいお子さんは履いてくれるんですが、
ちょっと大きくなってくるとあんまり履いてくれません。

もしかしたら、一番悩むポイントかも。
友達の間で浮いてしまう時もあります。
だからあんまり無理に履かせようとすると、
楽しい遠足の朝に親子喧嘩することになります。

 

濡れる覚悟で、
スニーカー、もアリですねぇ。
と言うかなぜか長靴でも濡れて帰ってくるのが、
子どもですからね。
まあ、洗えばいっかー。

 

 

 

長ズボンは履いていかせるかどうか。かえって風邪をひく?

29f8f011d3afcba1870affc5735d92fc_s

上は雨合羽やウィンドブレイカーなど、
水を弾く素材を着ている。
じゃあ下はというと…

 

「寒くなるからしっかり着なさい!」
と言わんばかりに長ズボンを履かせたりしています。
しかしこれは、かえって体を冷やすことも…。

 

どういう事かと言うと、
普通のズボンなどは綿素材。
綿は雨など水分をガンガン吸収し、
なかなか乾きません。足にまとわりついた水分が、
体の体温を奪いまくり、体が冷えちゃうんですね。

ポリエステル配合の速乾素材や、
ズボンもスポーツ系の撥水素材だったら良いのですが…。

 

 

だから、
季節によるとは思いますが、
あえて濡れてもすぐ拭けるように、
半ズボンでもOKなんです。

 

 

 

着替えやタオルは多すぎない方がいい?

d24e2281c6cb10e95c435759a56f9e30_s

たくさん持っていっても、
そのタオルがびちょびちょになるまで濡れる
って事は流石に学校の遠足レベルでは考えにくいです。

なので心配して入れすぎずに、
せいぜい2枚ぐらいにしておきましょう。

 

 

着替えは、
靴下←これが一番替えることが多いかも
と、
念のためカッパの下に着るシャツ、
ズボンですね。

 

あと、濡れたものを入れるビニール袋を忘れずに。

 

 

子どもって、
親が心配しているほど自分たちが濡れることを
心配しないので、
濡れる前提で用意した方がいいかもしれませんね。

 

 

こんだけ親があれやこれやと気にしているのに、
当の本人達は、雨が多少降ってようがなんだろうが、
大して気にしてません。
最近の子は昔より多少几帳面になってはいますが。

 

むしろ雨ウェルカム。
やべえ、遠足で雨とかめっちゃテンションあがる。

遠足ということで、
子ども達のテンションはマックスです。
彼らは遊びの天才ですから。

 

 

スポンサーリンク

 

 

できるだけ軽量・コンパクトで子供が動きやすく

eaa1ffd9c82025e806f21260640fac7e_s

もちろんフル装備に越したことはないのですが、
あんまり荷物が重いとせっかくの遠足が
100%楽しめなくなってしまいます。
これではもったいない。

 

大事なのは、
よくよく状況をイメーーーーージすること。

 

どこで集合なのか。
どこに向かうのか。
移動手段は何か。
お昼ご飯はどこで食べるのか。
自由時間はどこで走り回ることになるのか。
先生からは雨が降った場合どんな指示が出てるのか。

 

よーく子どもの話聞いたりしおりを読んだら、
なーんだ別に靴下とかいらないじゃーん!
ってなるかもしれません。

 

さすがにドシャ降りの中長時間子どもを歩かせるなんてことは、
おそらく無いでしょうから、
あんまり心配しすぎて物を詰め込みすぎないことですね!

 

 

 

まとめ

今日は雨の日遠足スタイルのヒントをお届けしました。

いろいろ心配にはなりますが、
明日の子どもの状況をよーく想像して、
雨の日でも、遠足を超楽しめるように、
コーディネートしてあげましょう!

 

 

雨の日の遠足の基本的な服装・持ち物

・傘は邪魔になりやすい!
 レインコートやウィンドブレイカーなどで動きやすく

・頭を守れるように帽子も準備すべし

・長靴を履かせるかどうかは、
 お子さんとも相談してみよう

・長ズボンはかえって風邪の原因になることも!
 外気温との様子を見て半ズボンもあり!

・着替えやタオルは最小限に

・遠足の行程を想像して、最小限の荷物に抑えよう

 

 

スポンサーリンク

 

 - 季節行事・季節のニュース